ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

指輪 

 

ユーリ・エゴロフのピアニストとしての活動期間は、約10年ということになる。非常に短い。エゴロフは33歳でエイズで亡くなっている。

1980年代、当時のことを思うと、この病気を患った人は、闘病という苦しみの他に偏見というものとも闘わなければならなかったのだと想像する。非常に胸が痛む。

このシューベルトは、彼の最後のリサイタルでの演奏。最後の演奏会はオランダ、アムステルダムでの演奏会だったと思う。彼が最も愛した街。

おそらく、この演奏の頃は、彼は自分の病気のことを知り、この病気に罹った者は、これからどのようになっていくか・・・ということを知っていたのではないかとも想像する。

孤独な拍の歩み・・・というものに圧倒される。

エゴロフのある写真、彼は薬指に指輪をしている。誰か愛する男性がいたのだろう。生涯のパートナーだったのかもしれない。

唯一救われる想像は、エゴロフは偏見の嵐の中、孤独に死んでいったのではなく、愛する人の愛を感じながら旅立っていったということ。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top