ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

年齢制限 

 

ピアノって割と幼い頃から一生懸命練習しないと上手くなれないというイメージがある。そうなのかもしれないが、それは年齢を重ねた人は弾けるようにならない・・・ということでもないと思う。

「無理なのね」と思ってしまったら人間そこで止まってしまうので、あまり周囲でピアノ=幼い頃からの訓練・・・みたいな雰囲気を作らないで欲しいと思う。ブランクが○○年とか、大人から始めたとか、「だから弾けない」と自分で思ってしまうと本当に弾けない。

発想の転換というか、発想を正しい方向に向けるというか、もともとピアノのための数ある名曲って誰が弾くために残されたのだろう?子ども?英才教育を受けた天才児?いや、違うだろう、大人だろう。ピアノ、メインは大人なのだ。巷では「大人のピアノコース」なんてあったりするが、本来はピアノは大人のもの。「子どものピアノコース」と本来はすべきなのでは?「まぁ、まだ子どもなのにピアノ?」みたいな?

ピアノ教室の主要な顧客、失礼、生徒は子ども・・・という教室が圧倒的に多いのだろうが、ピアノって子どもの頃に終わってしまうものでもなく、子どもメインの楽器でもなく、子どもピアノは、将来大人になってどうなるか・・・、どのようにピアノを弾いていけるか、生活の中でピアノを楽しむかという「メイン」のための準備期間なのだ。

大人になってピアノをどう弾くか、そのためにも子どもの頃からの訓練が大切・・・それはそうであるが、「大人から始めたから指が動かない」とか「ブランクがあるからなのね」とか、あまりにも寂しい。

大人の場合、子どもの教則本進度的な発想を捨てるといいのでは?初級とか上級とか、特に曲の難易度とかに拘ってしまうと、どこか難しい。○○を弾けるようになるという憧れはいいが、○○を弾けるということよりも、各々の曲に存在している魅力に触れるという側面にスポット当ててみる。○○を弾く・・・ではなく、○○に秘められた何かに触れたい・・・だから弾く。

ピアノの醍醐味は大人のためにある。ピアノに年齢制限は存在しない。

kaz




ピアノ ブログランキングへ


にほんブログ村

スポンサーサイト

category: 拍手のない名演

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top