ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

ソロは大変だから連弾でも・・・ 

 

世界中で痛ましい出来事が起こっていて、それは人類の歴史そのものであるのかもしれないけれど、でも、そのような痛ましい歴史と共に、人類には愛の歴史というものもあるのではないか・・・と、どこか希望を感じたりもする。

音楽なんて、人類の愛の歴史そのものなのでは?暴力は人の愛には決して勝てない・・・なんてね。

「そんなぁ・・・プロじゃないんだしぃ、アマチュアなんだしぃ」という謙虚な気持ちって、どこか麗しいのかもしれないし、そのようなスタンスを表に出すのが普通・・・みたいなところ、常識みたいなところもあるけれど、もしかしたら、それって傲慢なのかも?愛の歴史に対しても曲に対しても、音楽に対しても・・・

なによりも、「あっ、素敵だな」と感じた自分に失礼かも?人間の一生なんて、それほど長くはないのだから、その貴重な一瞬を「どうせ・・・」とか「身の丈を考えて・・・」ということだけで過ぎ去ってしまうのを自分に許してしまうのも残念だなと思う。「素敵・・・」と感じた自分はどこへ?その気持ちはどこへ?

演奏レベルのようなもの?そのようなものに関係なく、プロとか有名とか無名とか、アマチュアとか、なんたらこうたらとか、そのようなことに関係なく、今、「いいな・・・」と感じる演奏を思いつくままに紹介していけたらと・・・

連弾・・・

どこか親密さを感じるかもしれない。でもお手軽さを感じる連弾は嫌いだ。「ソロ・・・っていうのもねぇ・・・そうだわ、連弾という手があったわ」では曲が可哀そう。この人たちの演奏は、ある意味で連弾の概念を変えるものと思う。「私はセコンド、あなたがプリモね」そんな概念を覆す連弾。

この動画は「超絶技巧って素敵」とも感じさせるが、映像もいい。演奏者も楽しそうだし、ストーリーも「愛」を感じさせるような気がする。人類って殺し合いもしてきたけれど、このような瞬間の歴史も織ってきたんだな・・・と。

超絶技巧って曲のために存在しているんだなとも思う。超絶技巧のために曲があるという演奏は多いような気もするが。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: Anderson & Roe

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top