ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

ピアノ・・・楽しいですか? 

 

通信簿なるものが懐かしい。学力の1~5の部分ではなく、人柄というか生活面というか?「協調性を養いましょう」これは教師からよく書かれた。この場合、人柄の評価って、ある平均値からどれだけ離れているかという観点でなされているような気もする。「そうか、人に合わせていくのが自分は苦手なのね、そこが欠点なのね?」そうだろうか?

協調性には欠けるかもしれないけれど、我が道を行く・・・的なところでは、非常に粘り強いかもしれない。「協調性というものよりも、自分は自分一人で何かを追う粘り強さがある。それを大切にしたい」これって、欠点というよりは長所では?

「自分のピアノは何が足りないと思いますか?」「どこを直せば平均値を越えられますか?」

もしかして、日頃の練習やレッスン、さらに本番までの過程や本番当日において、自分の欠点ばかりを見つめてしまって、「直さなければ」とか「欠点が目立ちませんように」的な方向になっていないだろうか?長所は?

長所はあるはずだ。それは「この曲が弾きたい」と思った時、そのように、あなたに思わせた演奏なり、曲なりの魅力を、あなたは感じたのだ。それは長所では?「何も感じないし~」「初級者と思われたくないから弾いている曲だし~」ということではないはずだ。

他の人はアッサリと通過してしまうかもしれない、ある魅力を、あなたは感知したのだ。「ああ・・・素敵」と感じたのは、他の人ではなく、あなた自身。その感性は長所であり、あなたの演奏の長所となる可能性がある。

平均値をすべて越えようとか・・・ちょっとやめてみたらいいのかも?「~が足りない」むろんそこは埋めていきたいが、「私って~が足りない才能ない人」と思ってしまったら、自分に対しても弾いている曲に対しても誠意がないように感じる。

協調性には欠けるマイペース人間かもしれないが、芯があり「ぶれない」長所を持っているかも?欠点を見つめるだけではなく、長所を伸ばしてみたら?

平均値の演奏って、以外と人の心は動かさないかも?ピアノ演奏は通信簿とは違うから。

「わあ・・・なんて楽しそうな曲なのかしら?」曲との出逢いでそのように感じたのだったら、それは長所。思い切り楽しく弾けばいいじゃないか?

楽しそうな曲・・・と感じた感性は長所。平均値ではなく、自分の感性を追っていけたら楽しいと思う。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top