ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

Love Without Limits 

 

フロリダの銃乱射事件に絡んで、いろいろとネット徘徊していて、あるブログを見つけた。タイトルなどは書かないが、ある日本人男性のブログ。この人はサンフランシスコ在住で、アメリカ人男性とカップルとして長年暮らしている。アメリカでは同性婚は合法だが、この人たちは結婚はしていないようだ。先の銃乱射事件においてもそう感じたのだが、僕と問題点の指摘というか、捉え方が、どこか似ているように思った。

なんとなく、アメリカの保守の人って、とても頑なとか、宗教というものが絡んで、さらに人種とか思想のようなものも複雑に絡んでいるとか、感じるところが似ている。その人のブログで日本においての同性婚についてのアンケートについて綴ってあった。

日本の場合、宗教的拘束感のようなものはLGBTの問題において、あまり絡んでこないように思う。その点ではアメリカよりはシンプルな気もするが、でも日本の場合、同性婚と少子化というものとを絡めるケースが非常に多いように感じる。そこには多数派の考えなるものが根底にあるものと僕は思う。結婚とは男と女がするもの、結婚したら子孫繁栄に励むのが普通、それができないのは可哀そうな人・・・

そもそも同性婚と少子化、何が関係あるのか、その部分で僕は理解に苦しむ。異性愛者は同性に性的な魅力を感じない。つまりセックスをしたいとは思わない。これは同性愛者だって同じだろう。同性婚は違法?じゃあ、異性とセックスして子どもを沢山作りましょう・・・とはならないと思う。制度がどうであろうと。なぜに同性婚が認められると少子化になるのかが理解できない。

同性婚が認められたら、今まで世間体のために我慢して異性と結婚し、子どもを作っていたような人たちが、合法になると、「ああ・・・よかった」と堂々と同性と性交する?なので少子化が進む?ちょっと違うのではないかなぁ・・・

なんとなく「子どもを作るのが一人前の人間」みたいなものを感じ、とても窮屈だ。

日本でのアンケートの結果

同性婚に反対・・・31.6%
孤児を育てるなどの義務つきなら、まあ賛成・・・10.5%
同性婚賛成・・・36.3%
その他・・・

という感じ?意外にも賛成派は多いんだね?でも特色としては反対派は少子化を訴えているということ。アメリカのように、「神の御意思になんらかこうたら・・・」というよりは、子どもを生むとか育てるというものを絶対視している価値観・・・

ただアメリカのように表立った事件みたいな恐ろしげなものは日本にはないのかもしれないが、反対派の意見を読んだりすると、日本の場合も相当に恐ろしげであるという印象を受けてしまう。このような考えの人が31.6%も存在しているのか?

同性婚には断固反対。少子化を招く。なんでも自由というのは違うと思う。同性婚なんて明らかに異常。(女性:東京)

子どもを授かることができないんだから結婚なんかしなくてもいいのでは?生涯恋人でいいじゃない?同性婚を望む真意がわからない。(40代 女性:青森)

断固反対!少子化を招く。変態は排除すべき。(40代 男性:大阪)

孤児などを育てないといけない義務をつければいいんじゃない?所詮変態どもには無理だろうけれど。確実に不幸な子どもが増えるよな。

同性愛者は精神障害者なのだから、病院隔離が基本だろう。(40代:男性)

なんとなく思うのだが、日本人は「人と異なる」ということに対して、異常にこだわるし、そのような人たちにとても冷たいと思う。日本で肩身が狭いというか、心の中で苦しんでいるだろうと想像する人たち、LGBTの人、HIV感染者、専業主夫の人・・・このような人たちって多数派に対して完全に少数派だから、傷つくことも多いのだろうと想像する。考えてみれば、多数派のある意味での傲慢な思い込みで苦しんでいる人って多そう。子どものできない夫婦とか、癌患者とか・・・

「ねぇ、聞いた?あの人って~なんですって」「まぁ、いやねぇ・・・」ヒソヒソヒソヒソ・・・これって心に対しての銃撃なのではないだろうか?

日本の大企業もイメージアップが目的だとしても、ティファニーのようなCMを流してくれれば、「何か特別な人」というものから「あら?もしかして普通?個性の違い?」と感じる人も増えてくるかもしれない。子どもの頃からそのような社会常識が今よりも少しでもできれば、日本の未来も異なってくるかもしれない。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top