ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

自己肯定を肯定する 

 

「ご職業は?」「ピアノを自宅で教えています」「まぁ・・・優雅なお仕事ですね」

ピアノ教師はムッとするのでは?優雅な職業なんてないのだから。「実は大変なんですよ、生徒は~だし、教材研究も~だし、近頃は教師自身も弾かないとみたいに言う人もいるし・・・」などと思うことはあるだろう。「優雅どころか、経済的にも大変なんです」みたいなところもあるだろう。でも「看護師なんです」という人に対して「まぁ・・・優雅なお仕事ですね」と言う人はいるだろうか?

世間の誤ったイメージ・・・ということなのだろう。でも楽器を弾くということ、そのような趣味そのものが、どこか日常生活の延長というよりは、何か特別なものという感覚を持っている人が多いということでもあるのでは?

「まぁ、ピアノ?優雅なご趣味ですね・・・」

ピアノに限らずだが、アメリカ人って楽器を弾ける人が多いという印象を持つ。割と無邪気とも日本人からは思えるような態度で楽器を弾いてしまう。全員がプロ級であるわけではない。クリスマスソングの伴奏などを、時折音を外しながら、でも楽しそうに弾く。「何か弾いて」などと言われる前に自然に弾いてしまう。「ピアノ習ってたの?」「いや、自己流で適当に・・・」日本人の場合、いきなり「何か弾いて」などと言われても、躊躇してしまう人の方が多いような気がする。「なんだ・・・その程度か」と思われるということを非常に恐れる?

国民性とか文化の違いというよりは、自己肯定感の違いなのではないかと思うことがある。あとは生活と楽器との密着度というか?日常生活、大袈裟に表現すれば、自分の人生の中で、楽器を弾けるという能力があり、それを他人と分かち合う機会があるのだったら、なんで楽しまないのという人生観(?)があるような?「客観的な判断として、腕前はどうとか、あるのだろうけれど、私は楽しい、弾けることが楽しい、弾けるようになるためには面倒なこともあるが、でも楽しい、そんな私は素晴らしいじゃない?楽しんでいるんだから」みたいな?

フィギュアスケートはピアノよりも、さらに日常生活からの距離を感じるものでは?何か特別なもの。お金持ちの才能のある人が、子どものころから精進して、初めて到達できるようなもの?そうだと思うが、それは選手として競技会に出場するような人。一般の人は、せいぜいリンクをグルグル周るだけ、あるいは観客として選手のファンとして楽しむだけ・・・

例えば、70歳の人がこう言ったら大抵の日本人は驚くのではないだろうか?

「趣味はフィギュアスケートなんです。今、競技会に向けて最後の調整をしています」

楽器演奏ということでもそうだが、フォギュアスケートもアメリカでは日本よりも一般の人々の生活に浸透しているような印象を持つ。むろん、日本のフィギュア人気は、かつてないもので、それは素晴らしいことだが、スケートのファンであると同時に、自身もスケートを楽しむ、それも競技会を目指して・・・なんていう人はどのくらい存在するのだろう?趣味として楽しんでいる人、眺めているだけではなく、自分も参加してしまう人・・・

「~と思われたら恥ずかしい」なんて思ったら参加できないと思う。自己肯定の感覚が強いのだろうか?

この人は、なんと80歳を過ぎているのだそうだ。人生、楽しんだ者の勝ち・・・かもしれない。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top