ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

ホイレイクの少年 

 

スティーヴン・ハフの「眠れる森の美女」によるパラフレーズの譜読みを開始した。「以前にも弾いたのか?」と思うほど忘れてしまっている。でも以前に弾いた時には感じなかったことも、今回は感じたりしている。この曲はパウル・パブストの編曲が昔から存在していて、ハフ版は、そのパラフレーズを、さらにハフ流にアレンジしたもの。原曲のパブスト版と曲の骨格は変えてはいないのだが、音型処理がハフ版では、さらに冴えていて、どこかスッキリしている。ロシア的重厚さを整理し、スタイリッシュな感じだ。

ここまでは以前にも感じてはいた。それを具現できたのかは大いに疑問ではあるが、少なくとも感じてはいた。今回は、さらにこう感じる。「随分とゲイテイスト満載だな・・・」と。ゲイっぽい編曲、音型処理なんて説明不可能だが、どこかキラキラした感じ?スパンコールのような?でも悪趣味ではなく、シックな感じ?なんとも説明しがたい感じなのだが。トム・フォードの服みたいな?

スティーヴン・ハフはイギリスの人だ。どのような少年時代を送ったのだろう?イギリスのウィラル半島、ホイレイクという小さな街でハフは育った。近場の大都会はリバプールということになる。グーグル・マップでホイレイク散策をしてみた。メルヘンの街という印象だ。「きゃっ、素敵!」みたいな「いかにもイギリス♥」のような小さな家々、街並み、のどかではある。

でも刺激が少ないんじゃあないか・・・と思う。そこだけしか知らなければ、そんなものなのかもしれないが、東京に住んでいる人は、おそらくホイレイクには住めないんじゃあないか?命の洗濯的な旅行ならいいだろうが。リバプールもホイレイクと比較すれば都会だが、う~ん、住むとなると、ちょっと刺激が少ないかもしれない。

少年ハフもそう感じていたのではないかと想像する。ロンドンに憧れ、そしてニューヨークに憧れ・・・と飛翔していった。ウィラルという地域が田舎・・・というわけでもないのだろうが、「外にはどんな世界が待っているんだろう?」と感じさせてしまうような平和な牧歌的な街ではある。

「スティーヴン、クリスマスのプレゼントだよ」家族が用意したのは男の子の喜びそうなゲームだったとする。もしかしたらスティーヴンは心の中で思ったのだ。「本当は綺麗な着せ替え人形が欲しかったのに」と。でもそんなことは家族にも言えない。むろん、友達にも言えない。保守的なホイレイクという社会でそれを表すと、疎外につながっていくから。ホイレイクはサンフランシスコでもニューヨークでもなかったから。

「将来は何になりたいの?」「僕はパイロット」「サッカー選手」・・・でもスティーヴンは思った。「僕はピアニストになってキラキラした世界を聴いている人に伝えたい、キラキラした世界が好きなんだ」でも言ったらどうなるか・・・

自分の内面、本当の自分を出せないということは、非常に辛かったのではないかと思う。「自分を偽りたくない」という想いが自分を苦しめていく。そして自分の性癖、自分自身に誇りを感じられなくなっていく。

「僕がゲイでなければ皆を失望させることなんかないのに。僕がいけないんだ・・・」

むろん、これは僕の想像の世界で、実際はどうだったのかは分からない。自分を偽っても、また自分に忠実であっても、生きやすい世界ではなかったような気がする。

スティーヴンはゲイであることを公にしている数少ないピアニストの一人だ。ピアニストになり、演奏で、そしてトランスクリプションという自己の作品において、憧れだった「キラキラ・・・」を具現化したのではないか?

「これが僕の好きな世界なんだよ」と。

興味深い動画を発見した。スティーヴンが少年時代を過ごした60年代のイギリス、ウィラル地域の映像。のどかで平和だ。でも自分に忠実でいられた土地だったのか、時代だったのか・・・

ハフの「キラキラ・・・」の出所を探り中だ。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: Stephen Hough

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top