FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

「チョコレートドーナツ」 

 

この「チョコレートドーナツ」はドキュメンタリーではないので、俳優さんが演じています。でもこの物語は1970年代、ニューヨークで実際に起こったことでもあります。実話を元にした映画ですね。

ルディとポールはゲイでした。ポールはゲイであることを隠して生きていました。隣に住むマルコというダウン症の少年、彼の母親は薬物中毒でマルコを育てる能力がありませんでした。育児放棄・・・マルコは愛情を知らずに育ってきたわけです。施設を抜け出し逃げているマルコをルディとポールは助けます。そして自分たちの子どもとして育てるのです。

「あの子を助けてあげたいんだ・・・」「不可能だろう?そんなこと・・・」「母親が薬物中毒なのも、あの子がダウン症なのも、あの子が選べたわけじゃない。助けてあげたい・・・」

ルディとポールは、いとこ同士と偽り、マルコを引き取り育てるのです。しかし、二人がゲイのカップルであることが知られてしまいます。「ホモには子どもを育てる資格なんてない」「変態が子どもを育てるなんて・・・」「子供もホモになってしまうだろ?病気になってしまうだろ?」

ゲイであるということだけで受けてしまう差別、偏見、1070年代当時、それは酷いものだったのではないかと想像します。二人は「自分たちにはマルコを育てる権利がある」と裁判を起こします。でも負けてしまうんですね。薬物中毒の実の母親のほうがゲイのカップルなどより親としてふさわしいと・・・

この物語の結末は哀しすぎて、到底ここでは書くことができません。

この映画は、たしかDVD化されていたと思います。家族で観る映画ではないのかもしれないし、家族で観るべき映画なのかもしれません。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト



category: kinema

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top