ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

ピアノサウンドに一致させる・・・ 

 

僕の中で、レオ・スレザークのヴォルフ「語らぬ愛」と対になっているピアノ表現が、ゲザ・アンダのドホナーニの「コッペリアのワルツ」かと思う。ゲザ・アンダのハンガリー時代の師匠であったドホナーニへの敬愛が感じられるような演奏だ。

共通点は音としての発音瞬間としてのコントロールというか、飛翔していくための瞬間コントロールというか・・・

和声的な響きとしては、凄く豊潤であり、浮かび上がる音は、どこかクリスタルな感じ。ここがいい。陶酔感をスレザークが行った声楽的な手法ではなく、ピアノ的に処理している。

バリバリ・・・という感じが全くしない。クリスタルで硬質なトップの音なのだが、飛翔していくわけですよ。なのでスレザークのイメージと重なる。繊細さということで重なる。ギュウギュウと力で圧していかなくても、聴き手のテンションを集めてしまうというところでも重なる。

「どんな表現をしたいの?」「さあ?」ではなく、「スレザークの○○の部分の表現みたいな・・・」とか「ゲザ・アンダの○○のような感じ?」・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: レッスン

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top