ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

学歴 

 

かつてボストンに留学していた頃、下宿の近くに、ある音楽院があった。夕刻になると、窓を全開(?)にして練習するピアノの音で、その建物が音楽院だと分かった。学内のコンペティションかなにかの近くになると、それぞれの窓からラフマニノフの3番やプロコフィエフの2番のコンチェルトが鳴り響き、「こういうものなんだぁ・・・」と驚いたものだ。アメリカでは卒業リサイタルは一般公開される。無料ということもあり、よく聴きに行ったものだ。その音楽院の学生のレベルは・・・

日本の音大だと、ある程度レベルはどうたらとか書けるものなのかもしれないが、その音楽院の場合は、本当に人それぞれというか、上手い人は物凄く上手いし、さすがに下手な人はいないにしても、「う~ん・・・」という人もいたりして、結構学校によるレベルって日本のそれとは違うのだな・・・などと思ったりした。

その音楽院は「ニューイングランド音楽院」というのだが、そこである学生の演奏を聴いた。正直、ビックリしたものだ。「世の中にはこんなにピアノの上手な人がいるんだぁ・・・」と。その学生は韓国人で、ハエ=スン・パイクという女性だった。学生の演奏というものから想像する範囲を遥かに超えた演奏だった。その時には、彼女はソロの曲ではなく、たしかシューマンのピアノ5重奏曲を演奏したと記憶している。チェンバーでそう思わせるのだから、それも凄いと思ったものだ。

その時、僕はニューイングランド音楽院なんて聞いたこともなかった。知っていたのは、ジュリアード音楽院とカーティス音楽院ぐらい。韓国人の彼女は、たしか中学生ぐらいの頃に渡米していたはずだ。音楽院に進学する際は、「有名な学校だから」「レベルの高い学校だから」という理由ではなく、習いたい先生(というかずっと習っていた先生)がいるからという理由でニューイングランド音楽院に進学した。

日本の場合だと、誰々に師事したいからとか、誰それが教えているからという理由よりも、学校が有名だからとか、世間でレベルが高いとされているからという理由が、優先されたりすることもあるのではないだろうか?

僕が専攻した学問は、割と特殊なものだったので、アメリカでも「どこでも・・・」というわけにはいかなかったので、消去法により大学を決めた。日本では全く無名ではないまでも、アイビーリーグの大学のような知名度はないはずだ。多くの学生は、この大学だと○○が学べるからという理由で進学していたように思う。

僕の印象では、あまりアメリカの学生は、「有名だから」とか「レベルが高そうで就職に有利だから」という理由で大学を選んでいないように思えた。アリゾナ州立大学に進学したのは、ハーバードに入れなかった、または入れる見込みがなかったからというよりは、「アリゾナ州に住んでいたから。わざわざ東海岸などに遠征する必要もないし・・・」という感じだろうか?

でも、たしかに有名大学志望はアメリカでも多いのかもしれない。ハーバード大学の合格率は、たしか6パーセントぐらいだと思うし、スタンフォード大学の合格率は5パーセントを切っていたはずだ。アメリカの大学は卒業は難しいけれど、入学するのは簡単・・・というわけではない。そんなに単純ではないのだ。卒業が難しいというのは事実だろうと思う。「卒業率」という概念が入試の合格率よりも重視されたりするから。たしか全米の大学平均の卒業率は50パーセントぐらいだったかな?留年はないので、ヘマをしたら即退学になってしまうシステムなので厳しい。半分しか卒業できないって厳しい感じではある。卒業率10パーセントなんていう大学すらあるのだ。

話題が脱線しまくりだが、ニューイングランド音楽院のハエ=スン・パイクは、エリザベート王妃で2位、チャイコフスキーで3位という成績を残している。コンクールで入賞したから、いいピアニストというわけではないが、それこそ「レベル」というものは分かる感じだ。少なくとも、学校がどうたら・・・という話ではないということだ。ジュリアードに比べたらニューイングランドなんて、大したことないとか、ニューイングランドの学生なんかカーティスの入試では歯が立たないだろうとか、そもそもそんなことではないというか。

どの学校にも上手い人もいれば、そうでもない人だっているだろう。学校名で判断するなんて、小さな感じがしてしまう。「その人」で判断すればいいのに・・・

ジョン・ナカマツというピアニストは、スタンフォード大学卒業。音楽専攻ではない。ドイツ語が専門だ。実際にドイツ語を教えながら、ピアノはアマチュアだったのだ。プロではなかった。ヴァン・クライバーンで優勝してしまったので、プロとなった。この人の場合、音楽的な学歴はどうなるのだろう?ゼロ?「まっ、音大も出ていないの?」となるのだろうか?

個人的な知り合いにハーバード大学で数学を専攻した人がいる。博士課程を修了しているので、数学博士だ。この人もヴァン・クライバーンで3位になったので、ピアニストになった。この人の音楽学歴は?やはりゼロ?

どの学校を卒業したか・・・ではなく、どのような演奏をするか・・・ではないだろうか?

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top