ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

周囲に存在していた音 

 

指が動かないから弾けない、メカニックが不足していて弾けない、このような例も多いのだろうが、一般的にはピアノを弾いている人の根本的悩みは、表現力が今ひとつ・・・ということなのではないだろうか?練習を重ねれば、曲というか、音符の連なりは音にすることができる。一応、強弱もつけることは可能。先生のダメ出しを守り、テンポ揺らしも頑張る。でも曲として、どこか抑揚に欠けるというか、ただ弾いているだけというか?

表現力って、目に見える(耳に聴こえる?)ようなこと、「ここがまだ弾けていない」のような、明確な改善点というものを見出しにくい部分だ。なので、「才能」とか「感性」ということで片づけてしまいがち?

ピアノの場合、タッチというか、音というか、出したい音、サウンドのイメージそのものによって差が出てくるような気はする。むろん、実践テクニックの習得も必要だろうが、いくら頑張ろうとしても、そもそも自分の持っている音、サウンドのイメージに、ある意味での偏りのようなものがあれば、言葉を変えると、一つの限定されてしまった音しか頭の中で想定できなかったら、それ以外のイメージによる音表現みたいなものは、出ないのだ。もともと持っていないものは出ないから。

メカニカルな個々の問題とかイメージということよりも、ざっくりとした全体イメージとしてのピアノの音、ピアノのサウンドそのものに、どこか硬質な固いイメージを抱いているのならば、そしてそれが普通のピアノの音とインプットされていたら、「柔らかく歌いたい・・・」と思っても難しいのではないか?柔らかな音としてのイメージそのものがないわけだから・・・

なんとなく、「ピアノのいい音」としてのイメージに、どこかラジオ体操のピアノのようなサウンド感覚を持っている人もいるのでは?そこまでではなくても、どこか「しっかりとした」みたいなサウンドイメージをピアノに持ってしまっているというか・・・

これは、その人がどのようなピアノの音に囲まれていたのか・・・ということに関わってくると思う。どこか「さあ、しっかり弾きましょう」的なサウンド=ピアノの音・・・として成長すれば、それが目指す音となる。その音しか知らないから・・・

声楽が好きな人は、まあ、別として、クラシックそのものを聴かない、どうも苦手という人だけではなく、ピアノは好きだけど、ピアノ曲しか聴かない・・・なんていう人は、一般的にクラシックの声楽家の声に対して、どのようなイメージを抱くだろう?どのような発声、声を「あっ、クラシックの歌手の歌い方ね?発声ね?」と認識するだろう?

おそらく、この動画の人の歌い方、発声を「あっ、クラシックの歌手ね」と思うのではないだろうか?

むろん、この歌い方もクラシックの声楽の声・・・ではあるとは思うが、このような声、サウンドだけが声楽ではない。一つだけではないというか。ピアノのサウンドも同じだと思うのだ。この歌手がいけないのではなく、この歌い方がいけないのではなく、「これがクラシックの声楽ね」と一つのサウンドをすべてのサウンドの代表としてしまうような、どこか狭い受け取り方がいけないのだ。これしかない・・・みたいな?

この発声(サウンド)だけをクラシックの歌い方と認識してしまい、この発声による歌唱しか知らなかったら、これ以外のサウンドは想定できない。

右手と左手、旋律と伴奏との強弱の違いはつけられる。でも音の色、音の質として、同じような音であれば人は変化の乏しさを感じてしまう。演奏する側がいくら一生懸命でも「サウンドの差」を感じさせなければ、聴き手は退屈してしまう。同じような「しっかりした音」だけではないピアノのサウンド、そのサウンドそのものを知らなければ、努力だけでは表現できない可能性がある。

個人的には、このような歌い方というか、発声は好きではない。汗というか、力を感じてしまうから。でもこれは僕の感覚であり、この歌い方がいけないのだとは思わない。ただ好きではないだけ。立派な朗々とした声だし、「わ~いい声ねぇ・・・さすがクラシックを専門的に学んだ人の声って違うのね・・・」と感じる人もいるだろうし、そのような感じ方もあっていいのだ。でも「これが~なのだ」と狭くなってしまったら残念なのだ。ピアノも同じかなぁ・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top