ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

生活の中の音楽 3 

 

この曲は、もう50年近く昔の歌謡曲になるのか?切ない曲だねぇ・・・

弾き語りをしている人は、実に沢山の歌をアップしている。結構懐かしめの曲が多いだろうか?どの曲を聴いても感じるのが、「この人、歌が好きなんだなぁ・・・」ということ。

人前で演奏する機会を持っている人は特にそうだと思うのだが、本番後に自分の演奏について語る時、それはブログなどでもそうだし、本番後の打ち上げで感想を述べる時などもだが、少しは自分を肯定しているだろうか?

「全然弾けなかったんですけど・・・」「まだまだ練習不足で申し訳ありません」「お耳汚しで・・・」「ちょっと崩壊してしまい悔しいです」まだまだです、まだまだです、まだまだです・・・

誰にでも理想の演奏、自分なりに目指す演奏というものはあるので、当然自分の演奏に対しては点数も辛くなるのだろうと思う。「アルゲリッチよりも上手く弾けて自分でもビックリしています」とは思えないだろうが、少しは自分で自分を褒めてもいいのでは?自分のいいところって皆無???

「弾けますように・・・」「ミスしませんように・・・」演奏前はこのような心理状態になるだろうが、こう思ってみてはどうだろう?「ピアノが好きな気持ちは誰にも負けない」と。

自分の目指す演奏、到達度とか完成度とか、それにプラスして「好きという誰にも負けない気持ちが伝わるといいな」を目指してみたらどうだろう?

「あ・・・この人本当にピアノが好きなんだな・・・」と聴いている人が感じるような演奏も目指してみる。ミスとか、完成度の他にね。

それにしても、この人、本当に歌が好きなんだろうなぁ・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top