ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

「車屋さん」 

 

米山正夫という人は初期の美空ひばりに名曲を提供している。「津軽のふるさと」もそうだし「リンゴ追分」もこの人の作曲だったんだね。知らなかった。

美空ひばりの歌唱を好んで聴く・・・ということはないけれど、この曲は美空ひばりにとても合っているのではないかと思う。高峰秀子に「森の水車」、近江俊郎に「山小屋の灯」、そして美空ひばりに「車屋さん」と、どこか「適材適所」という感じもしてくる。

歌謡曲の場合、曲から作曲家の個性を感じるというクラシック的なものよりも、曲そのものが、提供する歌手の個性を生かすというところがあり、考えてみれば、これは相当難しいことなのではないかとも思う。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 昭和歌謡「公園の手品師」の日記

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top