ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

ラジオ体操のようなショパン 

 

「鍵盤の底までしっかり弾きましょう」・・・この場合、タッチがしっかりしていないからということなのだろうと思う。身体が出来上がっていない子どもの指だと、意識しないとフニャッとした弱い音になる?そうなのかもしれない。電子ピアノで練習する弊害という意味でも、このタッチがしっかりしていないということが挙げられたりする。弱い音って、どうしても「しっかりした音」と単純比較した場合、表現力の弱さに通じるところがあるのだろうか?コンクールなどの場合は、そのようなこともあるのかもしれない。

ピアノ教師ブログを読んでいて、よく目にする表現の一つに「鍵盤の底まで深くタッチして、しっかりしたいい音を出しましょう」というものがある。ピアノ教師というプロの人たちに、素人の僕が「そうかな?」的なことを書くと、また大反論のメールが来るかもしれないが、どうも、強くしっかりしたいい音=鍵盤を深くタッチする・・・というところに、僕としては誤った解釈があるように思う。基本的に音の強弱を鍵盤を弾く際の深さでどうこうしようとしている?違うのでは?音の強弱は打鍵のスピードでコントロールするべきものでは?「深さ」ではなく「スピード」なのかと・・・

底まで弾くという感覚ではなく、底までの途中にあるポイントを狙うみたいな感覚?

深さというか、底までという意識のまま、ある程度の曲まで弾き進めてしまうと、つまり音の強弱というものを、タッチのスピードではなく深さという意識で曲を弾いてしまうと、ある意味「明朗会計」的な演奏にはなると思うが、音の強弱と、ある程度のテンポ揺らしみたいなものだけで曲を表現しようとすることになるので、どこか無理があるのでは?

なんとなく「ラジオ体操」のピアノの感じ?明朗ではっきりしているけれど、ニュアンスに欠けるみたいな?そのままショパンを弾いても「高級なラジオ体操」みたいなサウンドになりがちなのでは?

表現力って、「なんとなくつける」というものではなく、弾き方と密接な関係にあるものと思うが、演奏者のイメージとして「ラジオ体操サウンド」しかなければ、もうそれは何をしてもラジオ体操的ショパンにしかならないのでは?ないものは出せないのだから。いっそのことイメージ転換してみてはどうだろう?「悩みながらとにかく練習!」というよりは、自分のイメージを変えてみる・・・

「カンツォーネ」という歌のジャンルがある。どのようなイメージを持つだろう?明るく朗々とした声で情熱的に張りあげる・・・みたいなイメージ?「オー・ソレ・ミオ」みたいな?それもカンツォーネだろうが、このようなカンツォーネも存在する。

ディ・カプアの名曲に「あなたに口づけを」という曲がある。朗々表現もあるだろうが、このような表現もある。「えっ?これもカンツォーネ?ベルカント唱法で絶唱系ではない、こんな柔らかな表現、歌い方もあるの?」

この「えっ???」という驚きが大切なのではないだろうか?ピアノを弾く場合でも、ラジオ体操一辺倒ではなく、「えっ???」という発見があれば、違うものを追うこともできるのでは?

大昔のオペラ歌手だけれど、ティト・スキーパというテノール歌手の「あなたに口づけを」の歌唱。この人は非常にリリカルな表現を得意とした人だ。ある意味、テノール、カンツォーネ=朗々と顔を赤くして声を張り上げるというイメージを一新してくれるのでは?

まずは自分でピアノのスキーパを見つけるといいのかも?そうすれば「鍵盤の底まで弾きましょう」に多少の「そうかな?それだけでいいのかな?」という感覚が芽生えるかもしれない。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

先日の電子ピアノの話題も興味深く読んでいたのですが、鍵盤の底まで深いタッチ、というのは、間違ってはいないと思うのです。
ただ、おっしゃるように、その方法かと。
私が受けて来たロシア系の指導というのは、まずは特に子供導入時には、指をしっかりさせる為にも、深い打鍵です。
ただ、手首の柔軟さ、角度、スピードで、日本の子供たちの音とはかなり違うと思います。

私自身も最初の3年ほどは、毎回試験で重すぎる、と書かれる弾き方でした。 ですが、それは基礎固めだから、という師匠に従っていて、そこからタッチが豊富になり、ピアニッシモでも響かせられる、遠くまで届く音、というのを身につけていったように思います。

日本の場合、音が鳴らない→もっと強く弾く、バリバリ弾くになってしまっているのかな?と外から見ていますが。

本当はタッチのようなものはセミナーで聴くだけではみにつけられないし、伝えられないと思うのですが、1度のセミナーで中途半端なものを伝えてしまっているのかな?と困惑しています。 私自身も導入時には鍵盤の底までという考え方ですが、人により受け取り方も違うと思うので。
 このやり方だと、電子ピアノの子たちも普通のピアノで弾いた時にほとんど違和感がないような(ゼロではありません)タッチになるように思います。 

Miyuki #5Bli8aBE | URL | 2016/04/21 18:45 | edit

Miyukiさま

僕の弾き方は自己流なのだと思うのですが、日本で師事している先生から基本的な弾き方を直されたことはありません。外国でもレッスンを受けたりしていますが、同様です。「いい音なら鼻で弾いてもいいですよ」と言われたことはありますが。もしかしたら最初に音・・・という明確な鑑賞者として培ったイメージがあるのがいいのかもしれません。

日本では「基音」とでも言ったらいいような、生の音というか、コーン、カーンみたいな音が多いような気がしています。なのでラジオ体操ピアノを連想してしまうのです。打鍵のスピードを上げ、クリスプというか、明快な音を出しても、ソフトな音を出しても、奏法としては鍵盤の底あたりまでは弾くことになると思いますが、「底までしっかり弾きましょう」と「ラジオ体操」がどこかつながってしまっている印象ではあります。

やはり「美」というものへの基本的感性というか、捉え方がどこか違うのでしょうか?もともと「カーン」みたいな音を求めてしまう?それしか知らないし、周囲もそのように弾いているから?偉大な演奏はそうではないと感じるとは思うのですが、そこは「私とは次元が違うので」となってしまう?

結構な難曲をスムーズに弾けるサークル仲間との会話や、お会いした事のないアマチュアの方から頂くメールから、多くの人が同じことで悩んでいるように僕は感じます。「一応音は弾けて、強弱も一応ついて、テンポ揺らし(?)のようなことも考えて・・・でもなんだか違う」ということです。そう、どこかラジオ体操的なのです。

「どうしたら表現がつくの?」という独特の悩み・・・

何かが、何かが上手いっていないのだと感じます。

kaz #- | URL | 2016/04/21 19:29 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top