ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

ピラミッドへの反乱 

 

「間違えたっていいじゃない?機械じゃないんだから・・・」この名言は誰のものか、ピアノを弾いている人なら、すぐにピンとくるのではないだろうか?フジコ・ヘミングというピアニスト、彼女に対しての評価は聴き手によって分かれるという印象を持つ。大雑把に捉えると、専門家は、この人が嫌い。認めていないというか。評論家とか音大の先生、プロのピアニスト、あとはアマチュアでも巷では上級者とされている人は、フジコ・ヘミングという人をピアニストとさえ認めない人が多いような?逆に音楽は好きだけど聴くだけという人や、ピアノを弾いている人でも、初級とか中級程度と自分でカテゴライズするような人は、フジコ・ヘミングという人を認めている人が多いような、そんな印象・・・

ピアノとかクラシック界に限らず、スポーツなどの分野でも同じだと思うが、ピラミッドのような構図はあると思う。ピラミッドの頂点に君臨する人は、トップアスリートだったり、素晴らしいピアニストだったりするわけだ。この構図は、ある意味自然なものだ。ピラミッドの裾野になるほど、才能は凡庸になっていく。頂点にいる人が全体を引っ張っていく。ピラミッドを眺める側、つまり聴き手が頂点に存在する人たちを、どこか否定するような動き、フジコ・ヘミング現象にはこのような動きを感じたりする。

彼女のチケットは売れる・・・この事実は動かせないものだ。「な~んにも分からない素人さんだけが夢中になるのよ」そうなのかもしれないが、頂点に君臨する人が素人さんの心を夢中にできないから、このような現象が起こっているのでは?つまり、多くの自称専門家と言われる人ではない人、素人さんの多くが、「間違えちゃダメじゃない?機械なんだから・・・」みたいな印象を頂点にいる人たちに抱いているのでは?

クラシック音楽は敷居が高いとされていたり、理解するだけでも教養が必要とされていたりするが、そしてそのような面もあるのだろうが、どうも最近のクラシック界は裾野広げというか、いささか頂点にいる人のクオリティが低くなっているのではないかとも思う。多くの人が頂点に魅力を感じていない。「上手かもしれないけど、正直心に響かないのよね?」

僕はフジコ・ヘミングの演奏を生で聴いたことはない。CDの演奏だけしか接したことはない。その限られた情報での個人的な感想は「あれ、巷で言われているよりも、しっかりと弾けているじゃない?」というもの。普通に演奏できているよね?魅力の一つとしては「音」ではないかと。鼻息荒く「カーンと鳴らして!」みたいなバリバリ感ではなく、音が自然。むろん、最近の若手と比較すれば、メカニカルな面でいろいろとあるのだろうが、この年代のピアニストの演奏としては、普通なのでは?彼女よりもメカニックを持っていない同年代のピアニストを引退した音大の教授・・・なんて山ほど存在していたのでは?

逆に巷で言われているような「魂のピアノ」とか、そのような印象はあまり持てない。いい意味でも悪い意味でも「普通なのでは?」という印象。ただ感じるのは、彼女の演奏会を聴いた人の感想文などを読むと、CDとは違い、ミスが多いらしい。暗譜が怪しくなったりとか、パッセージがグシャグシャになったりとか。つまり演奏上の破綻が多いらしい。ミスそのものは人間だからあっていいと思うが、どうもどの演奏会でもそうらしい。そうなると、「間違えたっていいじゃない?機械じゃないんだから」という思考に甘えすぎているのではないかと思う。ある程度以上の料金設定にするのならば、聴き手としては演奏そのもののクオリティというものを求めても当然ではないか?一万円近いお金を消費してまで破綻が多いだろうとされている人の演奏会に出掛ける気持ちにはなれない。

厳しい訓練を受け、有名音大で勉強し、コンクールという修羅場に耐え、外国にまで勉強に出かけ、それでも素人さんの心を動かせない頂点にいる演奏家たち。「心に響かないのよね」などと思われてしまう。ピラミッド構図に何かしらの異変が起こっているのかもしれない。

「自分がどう弾けたかなんて関係ないの。聴いていた人がどう感じたか、それが大切なの」

ある意味、演奏というものの本質を、ピラミッドを構築している人たちが、忘れているのかもしれない。音楽って演奏家のためだけに存在していていいものだろうか?そうだとしたら聴き手は反乱したくもなろう。

聴き手側も自分だけのピラミッドを構築してみたらどうだろう?世間で構築したピラミッドに依存しすぎない・・・

この演奏は以前にも紹介したもの。ある日本人ピアニストによる演奏。この演奏を聴いたチェルカスキーはこう言ったとされる。

「この演奏は完璧です。でも私はあなたのことを知りません。あなたがどのような演奏活動をしているのか知りません。どうしてそのようなことが起こってしまうのでしょう?」

このピアニストはホームページで確認する限り、演奏活動はストップしているようだ。

どうしてそのようなことが起こっているのだろう?

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top