FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

白米と「のりたま」 

 

現在フィギュアスケート世界選手権開催中。今大会だけではなく、いつも思うのだが、フィギュアスケートは技術と表現というものが一体になっているのだな・・・ということ。「あっ・・・この人の演技いい!」と感じる場合、大概はその選手は高いスケーティングスキルを持っている。一つ一つの技はそれなりにこなしているけれど、技ごとに減速してしまい、新たにスピードをつけて・・・という選手の場合、「頑張ってるね」という印象は持つが、「わっ・・・いい」とは感じない。いいなと思う選手、高い点数の出る選手は、スケート靴に装置があるのでは・・・と感じるほど、自然にスケートが滑る。ジャンプ後もスピードが落ちずに流れている。ジャンプだけ、スピンだけという印象ではなく、基礎的なスケーティング技術が表現というものを生み出しているようにさえ感じる。

ピアノで言うと、タッチとかぺダリングとか?基礎的な技術部分。でもピアノの場合、表現と技術というものを、どうも分けて感じる人も多いような印象?生徒も先生も・・・

ハノン、ピッシュナのような純然指練習の場合は、まだ理解できるが、チェルニーなども「これはメカニックの練習」とどこかで扱っていないか?教材仕分けがあるのだ。「指練習」「チェルニーなどのエチュード」「バッハ」「曲」のような?

チェルニーのようなエチュードを「メカニック」がいかに曲表現と結びつき「テクニック化」していくことを実感する教材と捉えている人はどのくらい存在するのだろう?

表現ってあとからつけるもの?感情ってあとからつけるもの?白米をいかに美味しく炊くか、この部分が技術、表現は「ふりかけ」のようにあとからつけるもの・・・みたいな?

「一応、音は弾けるようになった・・・では感情を込めて」「弾けるようになってきたから来週までに表現をつけてきてね?」

なんだかおかしい・・・

白米と「のりたま」ではなくフィギュアスケートのような感覚も必要なのでは?あとから・・・ではなく、表現と技術は分離できない・・・みたいな。

フィギュアスケートの場合、技の要素も決められていて、振付も決められているので、ピアノ演奏よりも拘束感があるようにも思えるけれど、でもピアノ演奏でAというピアニストとBというピアニストが同じ曲を弾いた場合、聴いた印象として明らかにそこには違いというものがある。この場合、拘束力はフィギュアスケートの演技よりも強いように思う。ある部分をAさんは二分音符で、Bさんは全音符で・・・ということはない。同じであるはずだ。ではなぜ全体の印象は変わってきてしまうのだろうか?同じ曲なのに・・・

Aさんは「カツオ味のりたま」Bさんは「梅のりたま」ということなのだろうか?なぜ同じ曲なのに人によって異なって聴こえてくるのか?白米部分、技術というところで同じレベルであっても違って聴こえてくる。

同じ楽譜、同じ曲で異なる印象・・・でもピアノ演奏ではそれが普通だ。個性、才能、感性・・・そうなのだろうが、「反応」ということかもしれない。同じ曲でも反応する部分が微妙に人によって異なる。強調の度合いも異なる。聴き手も演奏に反応するわけだから、ピタリと波長が合った時、「あっ、この演奏好き・・・」などと感じる・・・

表現をつける、感情を込める・・・ではなく楽譜とか音楽に反応すると捉えてみたら?

人間の生活なんて、「起きました」「働きました」「食べました」「では寝ます」という単純なものではないから、その中にいろいろなことが発生する。そこに感情の波がある。それは心の中だけで感じ、しまっておくようなもの。

音楽はその感情にタッチしてくるのでは?反応してしまう。どこで・・・という部分は人によって異なるのかもしれないが。

この部分は、フィギュアスケートよりは映像と音による美的表現領域である映画みたいだなと思う。ストーリーというものは決まっているというか、どの人も同じに捉える部分として、印象に残る部分、心の中までズシンと入り込んでくるシーンというものは人によって異なってくるのではないだろうか?セリフとかストーリーが楽譜であり、反応する部分が演奏における表現部分・・・

「のりたま」ではなく「反応」と捉えてみるといいのかもしれない。

前に紹介した「最強のふたり」、個人的に最も印象に残った、つまり僕の感情がズドンと反応したシーンがここ。

ドリスはフィリップを外に連れ出す。「あんた・・・金はあるけど本当に生きてはいない・・・」

フィリップは海を見る。その時のフィリップの表情・・・ここに反応する。この反応可能部分、ピアノ曲のあちこちに散りばめられているとしたら?

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト



category: レッスン

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top