ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

絶対音感 

 

絶対音感というものは備わっていた方がいいのだろうか?ないよりはあった方がいい?特別な訓練を子どもの頃に受けたわけでは全然ないのに、何故か僕は絶対音感を持っているようだ。

絶対音感があると便利だなと思うことは、楽譜を見て音が鳴る・・・ということだろうか?頭の中で音が鳴ると、楽譜は印刷された記号という感じではなく、ハーモニーまで含め、頭の中でサウンドとして鳴るようになる。

でも、これだけでは便利かもしれないが、別にどうということもないのではないかと思う。演奏する際、役立つと感じているのは、弾いている箇所の先を意識できるということだろうか?ピアノ演奏でのコツみたいなものかもしれないのだが、動作、タッチなど身体的なことも含め、先を意識して弾いているか、そうではないかで演奏に差が出てくるような気はする。

つっかえてしまう、止まってしまって何度もやり直しをしてしまう、この場合、実際に弾いている箇所、身体や手の動き、そして意識が全部同じ場所にあるのではないかと想像する。日頃の練習でも、実際に弾いている箇所の先の理想の音が頭の中で鳴ると、実際に自分が出した音との比較ができる。理想に近づけていくのが練習であるならば、先の理想サウンドが鳴っていなければ、比較ができず、大雑把に「なんとなく冴えないのよねぇ・・・」ぐらいの認識しか持てない。なんとなく自分の演奏は、いけないのかも・・・とは感じるが、比較すべき理想の音が鳴っていないと、具体的練習にすらならない。パッセージの練習で指を何度も動かすことはできるけど・・・

実際に弾いている箇所の一瞬先の音を鳴らす、この場合、絶対音感があると、リアルに鳴るのではないだろうか?メロディーだけとかではなく、ハーモニーの移ろいまで鳴らせれば、それはすごく有利だろうとも感じる。

絶対音感があると不便だなと思うことも意外とある。

「ちょっとこのキーでは高いのよね?一音下げて頂ける?」歌手などはよくあるケースなのでは?ハ長調の楽譜を見ながら、実際には変ロ長調のキーで歌うわけだ。これ、僕にはできない。楽譜を見ると、その音が鳴ってしまうので、常に移調をしながら・・・みたいな感覚になってしまうと思う。

古楽器の演奏など、当時のピッチで演奏しているCDなども聴くのに苦労したりする。ハ長調と明記されているのに、実際には変ロ長調で聴こえてくるので、知らない曲ならまだしも、知っている曲だと落ち着かなくなる。

昔、クラリネットに憧れたことがある。あの音が好きなんだな。どこか人間の声に近いような?

でもクラリネットはダメでしたね。才能がなかった・・・と言われれば、「その通りです」で終わってしまうが、僕の楽器はB管だったので、実音と記譜が異なるのだ。管楽器って、そういうこと多いみたいな?ドレミ・・・と楽譜に書いてあるので吹くと、シ♭ドレ・・・と聴こえてくる。慣れの問題なのかもしれないが、気持ち悪くてどうしてもダメだった。ドレミと記譜音が頭の中で鳴ってしまうので、実音のサウンドと差が出てきてしまう。要領が悪かったのかもしれないが。

もしクラリネットが吹けたなら・・・

頭の中でサウンドが鳴るのと、クラリネットが吹けるようになる・・・どちらかを選択せよと言われたら、クラリネットを選ぶだろうなぁ。

ジオラ・フェイドマンというクラリネット奏者がいる。クラシックというよりは、おもにクレズマー音楽を得意(専門?)としている。ユダヤの音楽だね。この人のクラリネットの音は楽器ではないみたいだ。人間の声そのもの・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top