ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

いいピアノ教師とは? 

 

いいピアノ教師とは、生徒のニーズに合わせ希望の供給のできる教師なのだろう。趣味程度希望の生徒にはそれなりに、そうではない生徒にはそれらしく?

個人的にはピアノ教師自身も自分のピアノを追及し、追っている人がピアノ教師だと思う。簡単に言えば、自分の演奏、自分のピアノを忘れていない人。自身が追っていなくて何を伝えられるというのだろう?

以前はこのようなテーマをブログにも綴っていたが、「そうですよね」という反応もあったが、ピアノ教師からの反応としては「ピアノ教師はピアニストではありません。自分がバリバリ弾けるということよりも、生徒を上手くさせることが役目。なので教材研究や最新の指導法を知るためにセミナーに参加したりするのです。自分の練習よりもそれは大切なことでもあります」というものが圧倒的に多かった。基本的には、ある文章に対して「そうですね」という意見よりは、「そうではないと思います」という人の方がコメントやメールを送る傾向にあると思うので、そうなったのだろうが、そしてすべてのピアノ教師がそのような考えではないということも承知はしているが、まぁ、正直僕としてはひっくり返りそうにはなった。「ええ・・・そう思うんだ、そういう先生も多いんだぁ・・・」と。

「街のピアノ教室の現場を知っているのですか?ピアノになんか興味のない生徒を教えなければならないんです。その苦労を知っているのですか?」このような意見もあった。僕は当然現場を知らないので、「大変ですね、でもお仕事なのですから」ぐらいの感想しか持たない。そして僕が冷血な人間なのかもしれないが、興味がないのなら辞めればいいじゃん・・・とも感じる。すべての子どもがピアノに一途、ピアノに適しているなんてことはないのでは?スポーツが合っているかもしれないし、文章を書くことがピアノよりも好きかもしれない。ピアノという習い事がすべてを支配しているわけでもないのだから。だからこそ、「ピアノ・・・好き」という子どもに対しては、何かを伝えるべきだとも思う。それには教師自身がピアノ、音楽への憧れを忘れていては導く、伝えることはできないだろうとも思うのだ。

「そうですよね」的な意見として割と多かったのが、生徒からの意見。「暗譜間に合うの?とか先生は言うけど、私、先生が暗譜でピアノを弾いているのを聴いたことがない。先生発表会でもソロ弾かないし・・・」みたいな意見。結構生徒ってシビアに見ている。保護者も基本的には同じだが、さらに(金銭が絡むからか?)シビア、厳しい。「先生って弾かないんですね?私たちの常識としてはピアノを弾くってやはりクラシックの曲、ショパンとかを弾くという感覚なんですけど、先生のブログを読むと、たしかにピアノは先生同士の集まりかなんかで弾いていらっしゃるんですが、皆で生徒の教材のようなものを楽譜を見ながら弾いているんですね。豪華なドレスを着て弾いていらっしゃるので、それが先生にとってのピアノなんだろうなとも思いました。なんだか違和感を感じたりもします」

特に保護者は一般的な感覚を持っているので、ピアノ教師の世界というか、常識というか、そのようなものとのズレがある。セミナー記事、セミナー後のランチ、「演奏もしました、自分の演奏も大切ですね」という文章と共に、楽譜を見ながら教材を演奏している。保護者の中には違和感を感じている人も多いようだ。

今日はリスト、明日はラフマニノフ・・・とバリバリ弾く必要はない。そのようなピアノである必要はない。そもそもピアノはバリバリ弾くものでもない。そうではなく、憧れを忘れないこと・・・かな?憧れがあれば弾かずにはいられない・・・みたいな?

デミジェンコやダン・タイ・ソンを導いた先生、ドミトリー・バシキーロフ、この人はゴリデンヴェイゼル派の中では名教師というイメージの強い人だ。むろん、ピアニストであるのだが、それよりも教師としての功績が知られているというか・・・

バシキーロフ自身の演奏も以後紹介していきたい。非常に素晴らしい。彼が教えるということと演奏するということを分離していなかったということが分かる。教える・・・というよりは、導く、さらにそれよりは伝えるということかな?自分自身が音楽に焦がれて追い続けていた。だからこそ、このような指導ができる。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top