ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

オーダーメイドの春 

 

このブログを読んで下さっている方からメールを頂いた。ピアノの先生だということで、少し身構えてしまうところもあったのだけれど、内容はヒューバート・ハリーとイヴァン・モラヴェッツの記事に対してだった。

「なんでこのようなピアニストたちが日本に紹介されないのでしょう?来日してくれないのでしょう?」

その先生は、あるスター(イケメン?)ピアニストの演奏を聴きに行ったのだそうだ。非常に有名なピアニストでショパンコンクールでも優勝している。しかも曲目はそのピアニストの最も得意であろうショパン。バラード全曲とプレリュード。一万円超えのチケットもなんのその、期待を込めつつ聴いた。

「あれ?私の感覚が変?あれ?あれ?」

そのピアニストは手中に収めているはずのショパン、なんと楽譜を見ながら、それはいいとしても、自分で譜めくりをしながら弾いたのだそうだ。内容が良ければそれはそれでいいけれど、なんともやる気のない演奏で、譜をめくるときに音楽が途切れても一向に気にしないようすですらあったという。バラードのコーダなどは弾けていない?

「あれ?弾けてない?練習してない?あれ?」

それでも会場は割れんばかりの拍手に包まれる。「あれ?」

「もしかしたら、私たち(聴衆)って誰かに操作されている?操作情報を信じ込んでしまっている?これって聴衆の責任?」

そして聴いたフューバート・ハリーやモラヴェッツの演奏。「このような人たちの演奏をなぜ日本では聴けないの?これって聴衆の責任?」

招聘する側の問題なのだろうか?商売なのだから、確実にチケットの売れる演奏家を招聘するだろう。このピアニストもまた招聘されるだろう。その時はいい演奏をする可能性もある。でも「あれ?」と思った人たちは一万円を払ってまでは次は聴かないだろうとも思う。でもチケットが売れれば華やかに演奏活動を続けていくのでは?

聴衆の問題なのだろうか?一つ考えられるのは、どこか「人がいいと言っているからいいのだろう」と思い過ぎてはいるだろうと思う。自分の感性などよりも世間の評価のようなものを重視、絶対視してしまう。

「コンクールで優勝しているから・・・」「CDを沢山出しているから・・・」「有名だから・・・」

デパートの婦人服売り場には春物がたくさん吊る下がっている。「今年の流行なんですぅ・・・」と。「これが今年のトレンドなのね」と購入してしまう。でも既製服なので、どこかしらで我慢を強いられる。「私の体型って○○だからここがゆるくなるのよね。まっ、仕方ないか」「ポケットがないのよね、困るのよね、ハンドバックがパンパンになっちゃうのよね。ちょっとしたものを入れられるポケットがあればいいのに。紳士服にはポケットが普通にあるじゃない?でも仕方ないか」

洋服ダンスには捨てる程の洋服が詰まっているのに、いざとなると着る服がない・・・みたいな?先シーズン購入した服を思い出して着てみたら「あら?これって思い切り過去の感じ?」みたいな?

既製服がすべてと思っていないだろうか?自分の好み、自分の感性を信じ、選んでみてもいいのでは?つまり流行に左右されないオーダーメイド。

ピアニストも同じでは?「来年の来日ピアニスト!」と音楽雑誌に紹介される。名前は有名。CDも沢山出ている。でも雑誌のピアニストは、あなたにとってはデパートの既製服なのかもしれない。心のオーダーメイドをしては?

まあ、実際に生で聴く、つまり大手の音楽事務所が実際に動くのには、一人二人の「この人が聴きたいんです・・・」という声だけでは不足だろうが、心のオーダーメイドをする人が増えれば・・・

「聴きたいんです」という声が増えれば・・・

最初はサロンコンサート的+公開レッスン・・・みたいな来日の形かもしれない。でもそこから聴衆の輪が広がっていくことだってあるだろう。ちょろちょろとそのような動きは日本でもあるし。

大事なのはオーダーメイドをするということ。人がいいと言うから、世間でいいとされているから・・・ではなく自分がいいと思うこと。簡単なようでいて、実際には結構難しいことのようにも思う。

ピアニストを聴くということだけではなく、ピアノを弾くとか、曲を仕上げていくのようなこととか、日頃の練習の時とか、どこか目標が既製服に向かっていっていないだろうか?オーダーメイドしてみればいいのに。

自分の人生の主役は自分なのだから、「あっ、この演奏好きかも・・・」と感じた瞬間を大事にすればいい。その演奏が世間で受けるものではなくても、オーダーメイドの発想で自分も追っていけばいい。

イヴァン・モラヴェッツのショパン。80歳記念リサイタル後の演奏。何歳だったのだろう?プラハのドヴォルザークホールでこの日モラヴェッツの演奏を聴けた人は幸せだなと僕は思う。日本のホールでも演奏してくれたら良かったのに・・・

「ああ・・・このようなピアニストを聴きたい」

オーダーメイドをする人が日本でも増えれば、日本でもモラヴェッツのようなピアニストが聴けるようになるかもしれない。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: Ivan Moravec

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top