ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

取り込むことより大切なこと 

 

昔、僕が子どもの頃ピアノを習っていた時代と比べて、今は教材の種類が多い。実に沢山の教材がある。「どれを使えばいいのかしら?」となるのが、まあ、普通だろう。研究しなくちゃ、なのでセミナー・・・となるのも当然なのだろう。教材だけではなく、指導方法や昔には存在しなかったグッズのようなものも盛りだくさんだ。「どうやって使いこなせばいいのかしら?」ここにセミナー繁栄の一つの理由があるように思う。あとは、ピアノの先生って個人事業なので、周囲との関わりを求めていかなければ、どこか孤立しているような、世の中の流れから取り残されているような感覚もあるのだろう。

昔と比べて変化したことも多いだろうが、変わっていないこともあるのではないか、これからの時代は、この部分に焦点を当てていってもいいのではないだろうか?たしかに昔と比較すると、「ブッ叩く」のような演奏は少なくなったのかもしれないが、どこか楽譜を一生懸命に弾いている・・・のような固さのようなものは現在も残っているように感じる。演奏者(子どもの演奏も含め)が「だからこの曲を弾いているの!」という必然性を感じない演奏というのだろうか?演奏者→聴き手という方向性をあまり感じないというか、弾き手だけが一生懸命で、そこに方向性が感じられないというか・・・

「なぜピアノを弾いているの?習っているの?」という根本部分を考える必要性がこれからはあるのではないか?

どの教材にも共通している部分がある。当たり前のことだけれど、「だんだん難しくなっていく」というところが共通している。レッスンで丸を貰い合格する。次の曲は基本的には、難しくなっているはずだ。フィードバックを繰り返すような教材もあるのかもしれないが、基本的には難しくなっていくはずだ。これはピアノだけに限らないと思う。何かを習得するための鉄則みたいなものだろうか?

生徒の立場になってみると、常に新しい課題をこなしていくことになる。だからこそ上達していくわけだが、ややもすると、ピアノのレッスン=課題をこなす、ハイ合格=新たな課題・・・の繰り返しになってしまうこともあるのではないだろうか?

目的は課題をこなすこと???その曲を上手に弾けるようにすること???

これからのピアノレッスンは、教材とか指導ノウハウとか、そのようなことを「広げる」ということよりも、そもそもの原点というか、弾くという、習うという動機のような部分に焦点を当てていくことも必要なのではないか?

もしかしたら、ピアノを弾くということは、目的ではなく、何かの手段なのだとしたら?心の代弁なのだとしたら?

「大声で泣き叫びながら、走りながら自分の感情を放出したい」と心の奥底で感じる。無人島や砂漠で暮らしているのなら可能だが、都会だとそれは難しい。抑え込んでしまうわけでもないが、どこか心に蓋をしてしまうことがある。そうしないと生きてなんかいけない・・・みたいな?芸術というものは、無意識に仕舞いこんでいる「泣き叫びたいような」感情を揺り動かす作用があるのではないかと思う。ピアノを弾くという行為も、この揺り動かし作用と無関係ではないはずだ。ある種の音楽、演奏は、その意識化したくないような感情にタッチしてくるのだ。いわゆる「感動」というものとしてそれは人間に触れてくるのだ。

それはどのような感情、状態なのだろうか?言語化できないようなものだからピアノを弾いているのでは?そもそもの「動機」となる部分・・・

人生経験豊かな大人だけがそれを感じることができるのだろうか?子どもには無理?無理と決めてしまうのは、それは差別というものだろう。これは外国での話だが、8歳の男の子が小児癌で亡くなる前に両親に語るのだ。「今まで僕のことを愛してくれてありがとう。パパとママに愛というものを感じてもらうために僕はこの世に存在したんだ。僕の存在意義は終えたのだと思う。だから死ぬんだね?役割を終えたから。愛を知ってくれてありがとう・・・さようなら・・・」

この時の男の子の感情、両親の心の動き・・・言語化できるだろうか?「悲しい」「悲しい」「悲しい」・・・になるのではないだろうか?言語化できない部分を芸術というものが代弁してくれるのだ。だからピアノを弾くんでしょ?心にタッチしてくるから・・・

上手くなる、楽譜を流麗にサウンド化する・・・これは手段なのではないだろうか?では目的は?この部分を初歩教育、導入教育でも取り入れていくことは不可能なのだろうか?

ここまで書いてきて、あるピアニストの演奏が浮かんできた。セルジオ・フィオレンティーノが自らピアノ独奏用に編曲したフォーレの「夢のあとに」・・・

なぜ彼は、フォーレのこの歌曲をピアノで表現しようとしたのか?なぜ編曲したのか、そしてなぜ弾いているのか?彼の心に芸術の持つ何かがタッチしたのだ。だから表現したのだ。その表現が、さらに他の人の心にタッチし、心の奥底の感情を代弁してくれるのだ。鎖の連結のような・・・

だからピアノを弾くのでは?

セミナーも大切。情報も大切。つまり外部からの取り込み作業だ。ここも大切。でも一人、夜中に空を見あげて自分の心を覗いてみるのは、さらに大切かもしれない。心の痛みの部分・・・タッチしてくるから・・・それを次代に伝えていくのもピアノの先生の役割だとしたら?

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: レッスン

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top