ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

ピアノの弾けるピアノ教師 

 

一時はピアノの先生のことをブログに書いたりしたものだ。基本的なスタンスは、ピアノの先生も自分のピアノを追い求め、精進すべきという感じかな?生徒の教材だけしか弾かないとか、そうではなく、自分自身のピアノというものを追い求めていく・・・

そのような文章を書いた後は、結構ピアノの先生から(メールフォームを介し)お叱りのメールを頂いたものだ。「ピアノ教師の仕事は自らが達者に弾けるようになることではなく、生徒を上手くさせること。なので、自分のピアノよりも、教材研究やセミナーに通って最新の情報を得ることが大切。ピアノ教師はピアニストではないのだから・・・」みたいなメールが多かったかな?今でもその理屈は変だと思っている。メールを読んだ時は、その場に倒れそうになるほど違和感を感じたりした。

素人考えの僕の文章に賛同してくれる人もいた。アマチュアとか、生徒とか、その保護者が多かったが、ピアノの先生もいた。仮にA先生としておくが、A先生も「自分の練習は無理。教材研究やら、指導方法やら、現実にはやることが多い。生徒だって、なんでピアノを習っているのだろうと思いたくなるほど、ピアノに興味を示さない子もいる。時には、私は躾けおばさんか・・・と思いたくなるような毎日。とても自分のピアノなんて」と。そして、いつのまにか、音楽家としての情熱を忘れていく自分を感じつつ、「でも教師なのだから、それが仕事なのだから」と思うようになっていった・・・

発表会だって、自分は主催者なのだ。本当にやるべきことが多い。そんな中、自分が弾くなんて大変だし、自分が弾くことで、生徒に目を配れなくなるのも、それまた教師失格・・・と、いわゆる「講師演奏」(変な言葉だ)もせずに、導入の生徒と連弾をするだけになっていった。

「それではいけないよなぁ・・・」とA先生は思ったそうだ。講師演奏はやるべきではないかと・・・自分は単独でリサイタルをして、他の機会に演奏を聴いてもらうなんて絶対に無理だし、やるなら発表会の講師演奏だろうと・・・

「今年の発表会・・・先生も何かソロで弾こうと思うのよ」

A先生がショックだったのは、興味もなさそうな「フーン・・・」という反応ではなく、少なからずいた生徒の次のような反応だったらしい。「えっ、先生ってピアノ弾けるの???」

個人的には、発表会で先生自身が弾こうが、どうしようが、それはどちらでもいいと思う。「教師」「運営者」「主催者」として、その日はプロに徹するという考えがあってもいいと思う。でも、発表会以外に演奏の場がないのであれば、やはり生徒も保護者も「先生のピアノ・・・聴きたいな」と思うのが自然だとも思う。

日頃のレッスンで先生はピアノを弾くべきだろうか?僕は弾いて欲しいと思う。先生自身が弾いていなければ(諄いが生徒の教材ではない)教えられないこともピアノの場合は多かろうと思う。生徒の立場からすると、レッスンという場で先生のリサイタル的模範演奏を期待することはない。もちろん、先生とおしゃべりしたくて通っているわけでもない。具体的な情報が欲しい。「ここ・・・なんだか弾けないわ、弾きにくいわ」という個所の具体的な解決法が欲しい。「こうしてみたら?」とか「こうなっているけれど、こうしてみたほうが、ここがこうなるから、こう弾けるんじゃない?」みたいな超具体的な情報が欲しいのだ。先生自身が弾いていないで、ここの部分をどう教える、どう導くというのだろう?ダメ出し+ではこうしたら?というところが欲しい。結構、僕の周囲のアマチュアの人は、自分の先生に対して、この部分で不満を持っている人が多いような印象を持つ。「何も言ってくれない・・・」そりゃあ、弾いていなければ言えないことだってピアノの場合はあるだろう。ダメ出しだけだったら、音楽愛好家だって言えるのでは?解決方法なんだよなぁ・・・欲しいのは。

もう一つ、日頃弾いていないと難しいのは、先生自身が「演奏そのもの」で生徒を引っ張れなくなっていくことだ。言葉では説明できないことも演奏でならば伝えられる・・・これは結構あるのではないだろうか?別に「次の曲はこのような曲です」的に弾いてあげる必要はないし、それはすべきではないだろう。そうではなく、「そこはこんな感じじゃないかな?」と先生が一瞬(では短いか)でも弾いてあげる効果は絶大だと思うのだ。「ほら、こんな風に表現できたら素敵じゃない?」みたいな?導入教材だったら、パッと弾けるかもしれないが、ショパンのワルツとかメンデルスゾーンの無言歌あたりになったら、もうこれは先生がピアノを追及していないと、生徒に「なんて素敵!」とか「なんでそのように弾けるの?」と感じさせるのは難しいだろうと思う。弾いていない先生のピアノ力は生徒(聴き手)にバレバレだろうから。レッスン室での先生の一瞬技(?)はサントリーホールで聴くプロのピアニストの演奏よりも、CDで聴く世界のスターの演奏よりも、生徒の心と頭を捉えてしまうのではないだろうか?

演奏で生徒を引っ張る、かつて自分が引っ張ってもらった「音楽からの感動」で、今度は生徒を引っ張る・・・

これは先生自身が弾いていないと難しいのではないだろうか?

ある声楽のレッスンの様子。テノールの先生、生徒。プッチーニの「冷たい手に」もうこれはテノールだったら一度は歌ってみたい曲なのではないだろうか?ピアノで言ったらショパンのバラードの1番みたいな存在?「ラ・カンパネラ」とか?

先生が自分の歌で生徒を引っ張っている箇所が何か所もある。むろん、言葉で説明している場面だってあるが、「そうではなくこう歌うんだ」と先生自身が一瞬技を披露する。「こうなんだよ!!!」と。生徒は、日本だったら、すぐにでもプロとして活躍できそうなほど上手だが、でも先生とは違う。先生の一瞬技のあと、生徒が「なんでそんな風に歌えるんだよ?」的な表情をしてしまうのが、なんとも微笑ましい。

生徒を上手くさせるには、先生自身の演奏で生徒を引っ張ることだって必要なんじゃないだろうか?

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: レッスン

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top