FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

Anything is possible 

 

積んでいたCDを聴いている。この人のCDは友人が送ってくれたもので、左手のピアニストのCD。聴きこまないと、このピアニストの真価は分からないが、とにかく弾いている・・・ということだけで驚異的なのではないかとも思う。なので紹介したいと思う。

イギリスのピアニストで、ニコラス・マッカーシーというピアニストだ。この人は生まれながらに右腕が半分しかなかった。それだけでも障害としては大変なものだったと思うが、14歳の時にベートーヴェンのソナタを聴いて、「僕も弾いてみたい」「できればピアニストになりたい」と思った。

14歳・・・日本流に考えれば中学生だ。片腕が半分しかない中学生が「音楽院で勉強してピアニストになりたい」と真顔で言ったとしたら、どのような反応をするだろう?

この人の半生は「そんなの無理に決まってるじゃない?」という言葉を聞かされ続けてきた人生だったのではあるまいか?

「そうだよね・・・無理だよね・・・」

そうなるか、ならないか・・・両手があり、両手で弾ける人にだって「私なんて才能ないからぁ・・・」と言葉にしてしまう人だっているというのに・・・

この人のモットーは「Anything is possible」なのだそうだ。

「諦めなければなんだって実現可能さ!」

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト



category: 音楽自立人、音楽自由人

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top