FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

動機と表現の根っこ 

 

オッタ―が歌っていたピアフのシャンソンは「パダン パダン」という割と有名な曲。これをピアノで弾いている人がいる。ユーチューブ徘徊で発見した。残念なことに、「あっ、この人の演奏いいな・・・」と感じる(おそらく)アマチュアの演奏、圧倒的に日本人の動画よりも外国人のそれの方が多い。日本人の動画は真面目なんだよねぇ、色々な意味で。

このユーチューブの人は特別に達者というわけではないと思う。○○音楽院を首席で卒業しましたとか、○○コンクールで入賞歴ありますっ・・・という感じの達者な演奏ではない。なんとなくクラシック一辺倒ではない人のような?

おそらく、この演奏、楽譜を忠実に再現・・・というよりは、耳コピで弾いているような気がする。何故そのように感じるのか?それは悪い意味での変な一生懸命さ、必死な様子を感じないからだろうと思う。楽譜を追って曲にして、動画アップのために必死に暗譜しました・・・という感じがない。

「クラシックの人じゃないんじゃない?」

そうだと思うが、ではクラシックの人だからって必死でいいのか?そこが疑問だ。ピアフの絶唱を聴いて自分も弾いてみたいと、このユーチューブの人は思ったのだろう。何かしらを感じたのだ。何を感じたのか?それは言語化できないようなものだ。だからピアノで表現している・・・そんな演奏に思う。「僕も表現したい・・・」

クラシックの人って、肝心のこの部分がとても苦手なような気がする。同じ音楽なのにね。

この曲は軽快な感じもするけれど、実は歌詞が凄い。ユーチューブの人はフランス人っぽいので、歌詞にも惹かれたのではないだろうか?



「パダン パダン」

いつもつきまとう悪魔の声 耳を塞いでも聞えてくるの
「お願い!このままじゃ狂ってしまいそう!」
どんなに叫んでも、その声にかき消されてしまう

パダン パダン パダン
逃れようとしても
パダン パダン パダン
追いすがる悪魔の声
パダン パダン パダン
私を捕えては忘れたい過去へと無理やりひきずっていく

「想い出せ!失くしたあの愛を!そして泣くがいい!想い出の中で!」
あの声は笑いながら私を痛めつける
忘れたはずなのに
蘇る日々、辛いあの愛・・・

パダン パダン パダン
パリ祭の夜に
パダン パダン パダン
交わした誓い
パダン パダン パダン
偽りの囁き
胸をかきむしる心の痛み

聞えるでしょ?ほら、悪魔のあの声が!
苦しみは続く
私の心の中に響く声・・・


どんな曲を次は弾くのだろう?ハイドン?ショパン?ラフマニノフ?そこには動機があるはずだ。征服欲で曲を弾く人なんていないはずだ。なぜその曲を弾くのだろう?それは言葉にはしにくいものだ。だからピアノで表現するのだ。

才能のある人だけが表現するのではない。ジャズやポップスの素養のある人だけがある種の表現ができるわけでもない。そして「弾けてから表現」するものでもない。それは最初から存在しているべきものなのだ。だから弾く・・・

そこにはクラシックもジャズもシャンソンもないのだ。音楽が存在し、人間が存在している・・・それだけだ。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

スポンサーサイト



category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top