ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

なぜピアノには発声練習がないのだろう? 

 

ベルカント唱法で歌っている声楽家のイラストって、大抵は大きな口を開いている。そしてその声楽家は、大抵ちょっと太目というか、放漫な姿で描かれる。一般的なイメージなのだと思う。最近はモデル並みのプロポーションを誇る声楽家も出現しているので、描かれるイラストも変わっていくかもしれない。

大きな口を開け・・・の部分だが、これもイメージ先行の姿だと思う。卓越した歌手は、それほど大口を開けて歌うということはないような気がする。大きな口で大きな声・・・というよりは、声を響かせるというイメージに近いような気がする。声は空気に乗り響いていく、聴き手は直接の声ではなく、響き共鳴した声を聴いている・・・みたいな感じだろうか?

ピアノの場合、音も多いし、客席に向かって演奏するわけではないので、どうしても「弾かなくてはモード」に突入しがちだ。自分だけの世界で解決しようとしがちというか。ピアノも楽器、それも打楽器なわけだから、「その場の発音のみに必死になる」「正しく鍵盤を押す」ということではなく、響かせる、遠くに放り投げる・・・みたいな意識が必要なのではないか?優れた歌手のように。

考えてみれば、ピアノってロングトーンの練習ってあまり聞かない。いきなり曲を猛然と弾いてしまうとか、部分練習をしてしまうとか、基礎練習をしている人でも、せいぜいスケールをガシガシと弾いてしまうとか。本来はその前に声楽での発声練習や、管楽器においてのロングトーンのような練習は必要なのではないか?なぜピアノにはないのだろう?あるいは一般的ではないのだろう?

音を、響きを遠くに投げる・・・みたいな意識はピアノだからこそ必要であると思われるのだが?

サークルの練習会や発表会など、短い時間だが、いわゆる「指ならし」の時間が与えられることが多い。ピアノの場合、自分の楽器で演奏するわけではないから、鍵盤の感覚をつかむために、この時間はとても重要だと思われる。でも、大概の人は、その時間に難しいパッセージを弾いてしまう。その気持ちは分かる。中には練習をしてしまう人もいる。その気持ちも分かる。でも「この楽器は音の響きをどのように投げられるかしら?響きをどう出せるかしら?」ということに留意している人は、あまりいないように思う。

なぜそうなってしまうのだろう?日頃の練習でしていなければ、そのような場でもやらないだろうと思う。つまり、ピアノの演奏における「自分の発声法」というものを考えたことのない人が多いのだ。

鍵盤のみに執着しすぎていないだろうか?音は空気に乗せて響かせなきゃ・・・

優れた声楽家は響かせることが巧みだ。声を空気に乗せる。歌を聴くとこの感覚は把握しやすいものと思う。でもピアノもそうだけれど、CDは音として、響きとして「お化粧」されてしまっているので、是非会場で生で聴いてみて欲しい感じだ。口元や喉だけに神経を使っているのではなく、優れた歌手の声は空気に乗っている。

個人的には「響きを乗せる」という感覚は女性歌手の声から感じやすい。それもコロラトゥーラのような細く、高い声ではなく、ある程度の豊満な声の歌手からそのようなことを感じやすい。これは人によるのではないだろうか?男性歌手のほうが、より感じやすいという人もいるだろう。

アプリーレ・ミッロというアメリカのソプラノ歌手。この人からは「空気に乗せている」「響かせている」感覚を感じやすい。大口は開けてないよねぇ・・・

なぜピアノには発声練習がないんだろう?

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top