FC2ブログ

ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

一生懸命頑張ってリラックスする? 

 

練習が煮詰まると他の人はどうしているんだろう?上手くいかないのは、いいことをしていないから。少し離れてその部分から離れてみるのもいいかもしれない。「弾きこみが足りないんだわ!」とそのまま根性で練習してしまうのって、何かよくないことをしているから弾けないのに、さらによくないことを指にさせているような?よくないことを覚えさせてしまうような?

どこか矛盾を感じる。頑張ってリラックスしなきゃ・・・みたいな矛盾?練習できる時間などを考えると焦るんだけどね。

練習から離れてみる時には、思い切りディープな曲を聴いてみるのもいい。

ロシアのロマンスに「あなたに会ったことがある」という曲がある。ピアノを弾いているのは、アメリカでピアノ教師をしながら地道に演奏活動をしている人。ギロックとか・・・上手です。チェロの方ですが、奥様を亡くされたようですね。この演奏を亡き奥様に捧げている。

ロシアの哀しみ・・・そのもののような曲ではある。また歌詞も寒い国なのに(だから?)熱いものがある。



「あなたに会ったことがある」  詞:チェッチェフ


あなたに会ってから死に絶えていた僕の心は蘇ったのだ。輝かしい時を想い僕の心は熱くなる。
もう秋も終わるのに、時が移ろうような日々・・・
春が再び漂うように何かが僕たちの中でうごめく。

何年も昔に忘れたと思っていた。
あなたの姿を見ると、狂おしいばかりの喜びが溢れ出てくる。

あなたの事を見つめると、僕たちは何百年も離れていたみたいに感じる。
夢を見ているように突然僕の中に湧きあがってくる声を抑えることができない。

一度だけではない想い出。
もう一度始まる人生。

あなたの魅力に弾きこまれていく・・・
僕の魂と愛も惹きこまれていく・・・


聴いて自分の心が動いたのならば、それも練習かもしれないよ。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト



category: 拍手のない名演

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top