ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

箱庭ピアノ 

 

「私の演奏って、なんだかなぁ・・・」「なんだか思ったように弾けないな」「一生懸命表情をつけて弾いているつもりなのに、録音してみると、もろにただ弾いています、音符を並べています的な演奏になっている」

この場合、技巧的な問題が整理されていない可能性がある。どこか奏法として非効率だったり、手が力んでいたり、あるいは、弾いている曲が難しすぎる・・・とか。

では、自分が常に弾いているような曲よりも、ずっとシンプルな曲を弾いてみるとどうなるだろう?技術的難渋さだけが問題なのだとしたら、シンプルな曲を弾くことで、ファンタジーは、あなたの内側からほとばしり、聴いている人が思わず息を飲んでしまうようなサウンドが繰り広げられ・・・

・・・となるはずだが???

そうはならないことが多いのでは?それどころがシンプルな曲ほど、音符が少ないだけに、どこか稚拙さが目立ってしまったりもして。これこそが多くの人が悩んでいるところでもあるのでは?この場合、ひたすら練習時間を増やして、根性弾きをすることで解決するとも思えない。だからこそ悩む。

「私って歌心がないんだわ。才能がないのね?」

音楽を感じる心や感性があるからこそピアノなんて面倒なものを弾いているのでは?

歌心のない人、表現力のない人なんていない・・・と思ったら?どこか既成概念に捉われているだけでは?指をたくさん動かせば弾けるようになるとか、練習をひたすら頑張れば、やがて音楽的に弾けるようになるとか・・・

弾ける先生に習っている人は幸せだ。弾けると同時に先生自身が音楽に焦がれているというのかな?別に曲全部を模範演奏なんてしてくれなくていいのだ。一部でいい。でもその一瞬が生徒には考えもつかなかった、想像もできなかった異次元のサウンドだったら、生徒は「どうしてそんな風に弾けるんですかぁぁぁ???」となるだろう。生徒に追うべきサウンドが生まれた瞬間でもある。そのサウンドをどのようにして生み出すかの具体的方法を示すことのできる先生に習っている生徒は、さらに幸せだ。「ワーッ!!!全然違う!私にも弾けましたね?嬉しい!」となるレッスンを受けている人は幸せだ。

でもそのような人は、「なんでただ弾いているだけになっちゃうんだろう?」と悩むことも少ないのかもしれない。先生だけの責任だろうか?生徒がやるべきこともあるのではないか?先生が細かに指示して、その通りに弾けるように練習していくことがピアノを習うということなのだろうか?ピアノを弾くということなのだろうか?

そのような意味で、シンプルな曲を弾いてみる、例えばバイエル中ほどのレベルでも弾くことのできる曲を演奏してみるのはいいことなのではないかと思う。「このような曲だったらバッチリなんだけどなぁ・・・」と感じられるのだったいい。でも「あれ?う~ん・・・」となってしまうのだったら?

箱庭イメージを消してしまったらどうだろう?狭い部屋があり、そこには細かな沢山の決まりごとや掟があって、それを注意深く壊さないように演奏していくというイメージを消してしまう。何もない平原のイメージ。何もない。つかまるところも標識もない。頼れるのは自分だけ、自分の内面だけ・・・というイメージ。心細いだろうが、でも自由だ。

決まり事を狭い空間でこなすのではなく、広いどこまでもある無限の空間で羽ばたくイメージ。そこで頼れるのは自分、というか、「ピアノっていいな」とか「ピアノが弾けたら素敵だな」とか「なんて素敵な演奏だろう」と純粋に感じた、あなただけが感じた感性のみ。

ある動画を貼りつけた。モーツァルトの「バター付きパン」という曲。バイエル程度でも弾けるのでは?全音ピアノピースでは難易度A(初級)となっている。僕は、ある意味この演奏を凡庸な例として貼りつけた、人様の演奏をそのような例として貼りつけることに悩んだ。基本的にはしてはいけないことと思っている。プロの演奏なので、この人のファンも存在していると考えるのが妥当だろうし。でも経済活動としての演奏会もやっていて、DVDなども販売しているのだから、プロだからこそいいのでは・・・と判断した。アマチュアにしてはいけないことだと思うが。

演奏は悪くはないと思う。個人的には右手と左手の音色が似ていて、そこが惜しいと感じるが、別にこの人だけではなく、この傾向は邦人ピアニストが抱える共通の問題でもあるとも思う。きちんと弾けているし、ミスタッチも皆無だし、流麗に弾いていると思う。

もし、「あら、なんて素敵なモーツァルト!こんな風に弾けたらなぁ・・・」と心の底から感じるのだったら、それはそれでいいと思う。でもそうは思わなかったら?もし「プロがこのように弾いているから」ということだけで、この演奏をどこかで模範としてしまったら?

あなたはいつ自分のファンタジーを羽ばたかせるの?あなたは何がしたいの?そこの部分で怠慢ではないだろうか?

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top