ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

幸せなんですね? 

 

先程のユーチューブの人、今度はショパンの「幻想ポロネーズ」を弾いている。解釈に関しては色々と突っ込みどころもあるだろうし、クリティカルに聴けば何か欠点もあるのかもしれないが、この人の演奏、僕は基本的に好きみたいだ。

「幻想ポロネーズ」ぐらいになれば、困難なパッセージも満載になる。そうなると、難所を「いかにも頑張っています」的な、どこか悲壮感さえ感じる演奏になりがち。この人はそうはなっていない。何よりも「ピアノが好きなんですね?」と言いたい感じの演奏が素敵だ。

視覚的な表情は別になくてもいいのだと思う。ここまで顔の表情を変えずに弾いてもいいと思う。変えないのが普通だろうし。

でも場面変化に敏感でなければいけないとは思う。

この人の演奏の何が僕を惹きつけるのだろう?

ただ外面だけ攻めているのではなく、中に入り込んでいるからかな・・・

ピアノを弾くって幸せなことなんですね・・・みたいな・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 拍手のない名演

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top