ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

シニアのフィギュア 

 

「どのようなスタンスでレッスンを進めていきましょうか?」

このあたりは非常に大切なことのように思える。指導者と習う側との根本的なスタンスの食い違いがあると、お互いに大変だ。特にシニア世代のレッスンでは重要な気がする。指導者が、あまりに真面目に(固く?)考えてしまい、大人の、しかも大人から始めた生徒に「そこ弾けていない」とダメ出しレッスンばかりでは習っている方も辛いだろうと思う。「別に今さら音大でもないんだしぃ・・・」

「ピアノは初めてなんですね?では楽しくレッスンを進めていきましょう」「そうですね、認知症の予防にもなるっていうし、プロになるわけでもないんだから、楽しくスタンスでお願いします」

子どもの頃にピアノを習っていた経験のある、いわゆる再開組の人は、「昔はピアノが嫌いだった。今度は楽しく・・・」とか「以前よりも上手になりたい」とか「以前のレベルに近づきたい」とかあるだろうが、大人、しかも熟年から始めた人の場合、なにしろピアノというものそのものが未知数なものなのだから、「どのようなスタンスで?」と問われても答えに困ったりもするのではないだろうか?

「ただ弾く・・・それだけでは本当は満足ではない気もするんだけど、でも自分は実際には何も弾けないわけだし、ピアノなんて幼い頃から習っていないと上達しないなんてよく言われるし・・・上手くなりたい・・・なんて先生には言えない。恥ずかしいし。一応、趣味でと答えておけば無難かも」

音楽は、すべての人のもの。でもピアノは子どものもの・・・多くの大人はそのようにどこかで思っていたりするのでは?「だから今さら指が動くようにとか、無理なんだから・・・」と、どこか後ろ向きになりがち。

「大人のピアノ」という言葉があること自体、ピアノを習うというのは子どものものなのだ。「子どものピアノ教室」なんて表現をする人は少ないだろう。やはり一般的にはピアノ=子ども・・・という認識がある。

「好き」ということが前提だろうと思うが、ピアノを習うということは「娯楽」ではない面がある。そのような側面もあろうが、それだけではない。「では(今さら?)音大?」むろんそんなこともない。「じゃあなに???楽しくだけでもない、本格的専門モードでもない、じゃあなんなの?」ここの微妙な部分が悩ましいのだ。でも指導者がそこは掴んでおく必要はある。だから大人のピアノの場合、指導者側と生徒側の本当の意味での相互理解というものが、少々困難なのだ。

フィギュアスケート・・・ピアノ以上に幼い時から英才教育が必要で、若い世代だけのものという認識が一般的なのではないだろうか?ピアノ以上に身体機能、運動能力というものが関係してくるような気がする。

「フィギュアスケートやってみようかな?」「いいんじゃない?肥満防止にもなるし運動するっていいことだし」「うん、それもあるんだけど、もうちょっと本格的にというか」「えっ?どういうこと?ストレス発散とか?」「うん、それもあるんだけど、もうちょっと何ていうか」「まさかその歳で競技会とか?」「うん・・・実はそうなんだ」「えっ、まさか羽生君みたいになりたいの?」「そうじゃない。そんなことしたら怪我するし」「じゃあなに?楽しく運動でもないし、本格モードでもないんでしょ?」「一応僕としては大真面目なんだ」「NHK杯とか目指すの?」「そうじゃないって・・・」「じゃあ何なのよ???」

あまり知られていないことなのかもしれないが、大人のためのフィギュアの世界も存在している。競技会もある。国際大会だってある。レベルによってカテゴリーは細かく分かれている。大人から始めた人、元選手、ジャンプのないカテゴリー・・・等々。

将来の有力選手・・・みたいな子どもに交じってリンクで練習する。仕事をしながら夜間に練習している人だって多いだろう。忙しくて練習できない・・・なんて悩みを持つ人だって多そうだ。

楽しく?肥満防止のため?体力維持のため?それもあろう。でもそれだけではない。真剣だ。じゃあ3Aとか練習するの?違うのだ。現役選手のようにバリバリ滑りたいのとは違うのだ。

「燃えてみたい!」のではないだろうか?リンクに、スケートに賭けてみたい。何かを・・・

ピアノも同じじゃないかな?

この人、僕と同じ年齢なんだねぇ・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: レッスン

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top