ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

練習メモ 2 

 

○ クリスタルクリアに浮かび上がるメロディー、この場合は鍵盤を面弾きではなく、一点集中の点弾き。針の穴に糸を通すようなイメージ?

○ あるいはトランペットを吹くような感じ?とても狭いところに集中し、集める・・・というイメージ。ボワーッと大きな範囲ではなく。

○ 脱力=クネクネではないのかも?点弾きの際の集中は大雑把に「面」という感覚では失敗する。鍵盤にタッチする直前の指先意識が必要な気がする。あまりに手首をユラユラさせるとこれは難しいのでは?

○ 意志力のあるクリスタルな音。歌手(上手い人に限る)は盛り上がる際にも、あまり口を大きく開けない。声、響きが散ってしまうからでは?卓越した声楽家は発声をとても狭い範囲に集中している。声を集めるというか?ピアノにも応用できるのでは?

○ 大雑把にバーンと弾くと、ボヤンとした大雑把な響きになる。浮かび上がらせたい音は、歌手のように響きを集める。タッチを鍵盤の狭い「点」で弾く感じ?タッチ・ポイントを狭い範囲で狙うというか・・・

○ 残念なピアノ演奏の音は演奏者の意志が感じられない。ボヤンとどの瞬間も似たような音が出ているし、浮かび上がるべき音の瞬間も大雑把にガツンと鍵盤底までいってしまっている感じ。

○ 指先を集めて、その瞬間に狙うべきポイントを狙う。

○ 狙うべきポイント・・・音のイメージが先にないと狙うことすらできない。イメージ不足=ガツン、ボヤン、大雑把演奏の原因の一つなのでは?

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top