ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

応援ではない応援 

 

フィギュアスケートの競技会、あるいはエキジビションにおいて、応援の気持ちからなのでしょうが、タイミングを考えない声援や、選手たちが滑っている時にフラッシュ撮影をしたりと、マナー違反以前の問題があると、あるブログで知りました。

また、選手が会場に入るのを待ち、黄色い声援を送ったりとか、基本的にはやってはいけないことをする人も増えているとか?

フィギュアスケート、あるいは日本人選手のファンになって間もない人も多いのかもしれません。声援、歓声はいいのですが、当たり前のこととして、演技直前は黄色い歓声は控えるべきです。というか、絶対に静寂を観客側で作るべきです。選手はアイドル歌手ではないのだから、演技に集中してもらうことを考えるのは、観ている、応援している側の最低限のマナーだと思います。

選手の集中力が乱れると、それは技の失敗につながりますし、何よりも非常に危険です。そもそも、フィギュアスケートという競技は、見た目の美しさ、優雅さがありますが、同時に非常に危険な競技でもあります。スケート靴は凶器にもなりうるという認識が足りていない人もいるようで、とても恐ろしくなります。

基本的には点数が出るまでの時間は、その選手の時間です。次に演技する選手が自分のお目当ての選手であっても、リンクに登場したとたんに黄色い声援を送ってはいけないのです。集中を乱しますし、何よりも演技を終え、キス&クライで点数を待っている選手に失礼です。

このような基本的観戦マナー、そして危険な競技であるとの認識を、一部ファンは知らないのかもしれません。

このブログはスケートブログではありませんが、ピアノブログを読んでいる人の中にもスケートファンはいるかもしれません。もしかしたら、特定の選手のファンもいるかもしれない。「可愛い・・・」「素敵・・・」

フィギュアスケートという競技そのものが注目されることはいいことだと思います。でも危険なスポーツであるということも知って欲しいと思います。そして少しでも多くの人に「危険な競技なのだ」ということが拡散されることも重要だと感じています。

この動画は観ていて非常に辛くなります。でも「フィギュア?危険なの?」と今ひとつ実感できない人は是非観て頂きたい。

ファンであれば、このような事態は招きたくないはずです。

フィギュアスケートという競技は、いつこのようなことが起こっても不思議ではない競技なのです。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

ありがとうございます。

遅コメすみません。(出張の移動前後は余裕なくて)
この記事に、やはりどうしてもお礼申し上げたくて一言コメントさせて頂きます。

応援と思い込んで妨害したり、追っかけしているのは、やはり、フィギュアスケートをよく知らない新しいファンの、特に、中高年女性が多いそうで、どうしたら少しでも広く、こういった危険性を知って頂けるのかと気を揉んでいます。
全日本選手権、無事に終わって頂きたいです。

アイスダンス記事、勉強になりました。伝説のボレロ、素晴らしいですね!

Megumi #3/2tU3w2 | URL | 2015/12/20 13:03 | edit

Megumiさま

フィギュアスケートという競技は華やかな印象があるのかもしれません。でもそれだけではないので・・・

人気選手がアイドルのように騒がれることは、いいことだけでもないような気がします。実際に選手はジャニーズ系のアイドルではないので、同じように騒いではいけない。そうすると危険ですらある・・・

危険な競技であることを知ってもらうということが、まずは大切な気がします。Megumiさまが書いていたように、そうしたことを知らない新しいファンを責めるだけではなく、まずは知ってもらうことが重要だと・・・

kaz #- | URL | 2015/12/20 15:31 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top