ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

脱・刻み演奏 

 

やはり楽譜が読めないと、つまり視覚的情報を取り込めないと、ピアノを弾いていくのは難しい。では楽譜が読めればいいのか、読譜ができればいいのかというと、それだけでは、また微妙なところだ。ピアノを習う目的としては読譜は目的ではなく手段だと思うから。

しっかり読譜を行い練習をして、バイエル程度からソナチネ、そしてロマン派諸作品に到達する頃、つまり中級者レベルと世間で言われるようなレベルになった時、焦っても遅いのではと感じることがある。間違いやミスそのものは少なく弾けるけれど、抑揚のない演奏になってしまうということ。実は上級者とカテゴライズされるような人でも、ここで悩んでいる人は相当数存在しているようだ。何故そんな不思議なことになってしまうのだろう?

「なんだか拍を刻んでいるような演奏になってしまう」「いかにもズンチャッチャッ・・・のようにしか弾けない」「自然な抑揚が皆無?」

この場合、あまりにも視覚的情報に依存しすぎているのかもしれない。音符を鍵盤に移し音にしていく、一応曲らしきものになっていく・・・そのまま教材や曲の難易度が進んでしまった?

演奏するという行為には、何らかの音楽的感動があって成り立つと考えるのが普通だろう。「弾きたい」と感じる動機として、そこに音楽的な感動が普通はある。でも無くても曲は弾けてしまう。

本来の「感じる」→「演奏」という順序がレッスンを受け、学習を続ける中で逆になってしまう?

「視覚的情報」→「練習」→「レッスン」→「曲をこなしていく」→「ズンチャッチャッ」なにかがおかしなことになっている?

生徒側に責があるとすれば、「私はどうせ○○さんのように音楽的感性なんかないし・・・」と自分で決めつけてしまっていることかもしれない。あるいは、「上達すれば、そちら(音楽的表現)も自然と身についていくのね?私はまだ初心者だからぁ」みたいな考え。曲は難しくなっていくかもしれないが、それに比例して感性は伸びていくものでもない。だからある程度の曲を弾くようになると愕然とするのだ。「私のショパン、ズンチャッチャッ???」のように。

指導者側の責としては、音楽への憧れとか、感動とか、そのようなことで生徒を引っ張れないということだろうか?知識は教えられるのかもしれないが、「ほら、ココの部分がいいのよ~」のような瞬間を生徒に自ら示すことが苦手、つまり自分の演奏により音楽への憧れのようなもの生徒に植えつけるというか、導くことが苦手?あるいは、素晴らしい演奏として成り立っている諸要素のようなものを具体的に分析して伝授することが苦手・・・とか?

ショパンのノクターンのような曲、左手が伴奏、右手が旋律のような、ある意味で典型的なピアノの曲の場合、感じることがある。どうしてもズンチャッチャッ・・・のようになってしまう演奏は、左に右のメロディーを合わせて弾いている。逆でしょ?右手に左手を・・・のような感覚が本当なのでは?脳内意識としては右が中心になるべきでは?左手の方が右手よりも難しいのだ。「間違えないで弾かなくては」と思い過ぎてしまうと、どうしてもそうなるのかもしれない。この場合、左手の刻みが等分になるので、「刻んでいますっ!」のようなショパンになってしまうのでは?

ピアノのレッスンを継続していく過程において、どうしても視覚的なものが優先され、さらに間違えないで正確に・・・みたいな方向性になってしまう何かが存在しているのだろうか?

置き去りにされている感動???

この方は47歳でピアノを独学で弾き始めたのだそうだ。個人的にはピアノをすべて独学で・・・というのは難しいものもあるのではないかと感じるが、この人は独学が故に、自分の憧れサウンド、理想サウンドを純粋に追っていけたのかもしれない。たしかに、弾き方は独学っぽいというか、そんな感じだし、耳から入っているところも多いのだろう、音の読み違えがあったりする。きちんと楽譜を読めばありえない間違え。でもこの人の演奏で気づくことがある。「ズンチャッチャッ」になっていないということだ。10年、20年ピアノを熱心に弾き続け、レッスンにも通い、それでも「ズンチャッチャッ」に悩む人は多いというのに・・・

分からない楽語などはネットでその都度検索、楽譜も完全に読めるわけではないみたいだ。でもこの人は「自分はこう弾きたいの」という演奏をしている。弾き始める前に感動があったのだということが伝わる演奏でもある。だから弾いているのだ。

ピアノを弾き始めて8ヶ月なのだそうだ。8ヶ月目のショパン・・・

でも着目するところは期間ではない。何が先にあるべきのか・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top