ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

音大卒でなければピアノは「お遊び」なのか??? 

 

僕のブログは動画が多い。自分のピアノライフがどうたら、こうたら・・・などということよりも、いい演奏を紹介したいという気持ちの方が強い。僕が貼りつけた動画に反応してメールをくれる人も多い。そのような人たちは主に往年の巨匠の演奏に反応する人、あとはアマチュアの真摯な演奏動画に反応する人とに分類されるように思う。どちらのメールも(返信はできないが)やはり読んで嬉しい。

メールをくれた人たちに共通しているのが、自分もピアノを習っているのだが、そして真剣にピアノを弾いているつもりなのだが、先生が自分の熱意を理解してくれないという悩みを持っていることだ。そのような人たちは、ある程度弾ければ、「次の曲に移りましょう」と先生に言われてしまって、どうもそこに不満を感じているらしいのだ。

ピアノを弾く・・・音大を目指したりする専門コース、そして趣味で楽しむコースとに、教える側が無意識に分類してしまっていて、大人の、しかも仕事を持ちながらの、しかも中年のピアノなんて、それこそ「楽しめれば・・・」というコースに入れられてしまうような?

「お仕事もお忙しいでしょうから、楽しんで弾けばいいのでは?別に無理にクラシックの曲でなくても、フォークソングとか演歌とか、そのような曲を弾けばいいのでは?」

そうではないんだな・・・と思う。簡単に言うと上手くなりたいのだ。正直に言うと、趣味ピアノに分類されようと、自分も美を追及したいのだ。どんなに遠い道のりであろうと、そこに触れたいと思うからピアノを弾くのだ。美を求めて苦しむことが楽しみなのだ。

そこを理解してくれない・・・

ここで自分の想いを教師に伝えることは必要だとも思うが、それは、それまでの教師の指導に対して「満足していない」ということをも伝えることになる。大人の生徒にとっては言いにくいことではあるだろう。勇気を出し、正直に自分の気持ちを伝えても、「でもそういうことは音大を卒業したような真剣に取り組んでいる人たちがやることよ?」なんて言われてしまう。

「じゃあ・・・じゃあ俺の、私のピアノは真剣ではないというのか?そこすら目指してはいけないというのか?」

たまたまメールをくれた人たちの先生がそうなのか?

そうではない教師も多く存在していよう。それは僕も信じている。でも99%の教師がそうなのだろうか?メールをくれた人たちは、そうではない1パーセントの教師にあたってしまった???

上手くなりたい・・・

別にアムランのように弾きたいわけではないのだ。アルゲリッチのように弾きたいわけでもない。そうではないのだ。難曲を弾きこなしたいわけでもない。でも「趣味」ではない。そこを理解してくれない・・・

人が美を求める・・・これは当然の権利でもあると思うのだが・・・当然の欲求でもあると思うのだが・・・

この世から「専門的にピアノを学ぶ」「趣味で楽しくピアノを弾く」という分類がなくなればいいと思う。

メールをくれた人たちに、この動画を紹介したいと思う。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 4

△top

コメント

 

音楽って、音を楽しむものですよね。。

Kazさん、
基本的に、音楽は、職業とか業務とか勉学とかよりも
まずさきに、
楽しむものですよね。。。。
常々そのような基本を忘れてしまいがちです。。。
もっと、弾く人間が楽しんで弾かないと聴いてる人も楽しくないです。
なんで日本人は、音楽すら ”競技”であったり、”勝負”になってしまったり
アホなんでしょうかね。。

ふじみみ #- | URL | 2015/11/12 00:51 | edit

ふじみみさま

音楽とかピアノを「勉学」とどこかで捉えている人は結構いるような気がします。大人の方に多いかもしれない。

楽しく・・・の捉え方も幅が広くあるべきだとも思います。練習そのものは「キャッ!楽しい」の連続ではないので、そこを排除した楽しさを求めたり、与えたりしてしまうと、結局は弾けないのではないかとも思います。弾けないとピアノは楽しくないし・・・

平凡な表現ですが、ピアノを愛することのできる人が長続きしたり、楽しさを感じることができるのかもしれません。

kaz #- | URL | 2015/11/12 08:43 | edit

日本のこの、専門と趣味の壁にはいまだに慣れませんが、書いていらっしゃるように、何が楽しいのか、ということですよね。
そのとらえ方は、みなさん違うし、だからこそ、本当は値段だけでなく(こちらは本当にこういう感じです)、先生を選んでほしいと思います。

教える立場からすると、私は現在こちらで大人の方は教えていません(需要がない)が、先生の方も、どこまで突っ込んでよいのか、わからないのかもしれない。
専門にやるわけでないのに、そんなに細かくやって、困る、という方もいらっしゃるでしょう。
本当は、最初にここを話し合うべきだとは私は思いますが。

そして、乱暴な言い方をすると、先生が教えられない。
有名音大教授に師事していらしたり、音大卒のピアノの先生方のレッスンを日本で短期でしたりもしましたが、音大の教授でも直せない、どうすればよいのかわからない方が多い、というのが私が受けた感想です。
どうして、肩書のない私が10分でなおせる(解決)することを、何時間もレッスンしてどうにもできないのか? 有名音大、海外留学経験ありの先生方です。
もちろん、kazさんの先生をはじめ、そうでない方もいらっしゃることはわかりますが、日本のコンクールを聴いて・・・ あの単一さ。 

趣味で弾いていらっしゃる方々のほうが、案外色々と演奏も聴いて、ガチガチでない演奏を追い求めていらっしゃると私は感じます。

私も往年の巨匠たちの演奏が好きですし、そのような演奏を求める先生方に習ってきました。 でも、この演奏は現在のコンクールではマイナスです。 そうなると、音大でも、指導が変わってくるのでは? 国際コンクールに入賞させる先生方(日本人以外です)のレッスンを受けても、私はあまり好きではありませんでした。

Miyuki #MLpyy7VI | URL | 2015/11/12 11:07 | edit

Miyukiさま

「別にピアニストになるわけでもないのに、先生のダメ出しが凄くて・・・」

これも良く聞きます。趣味だから楽しくではない、やるからには真剣に・・・教師がそう思いすぎている?この場合、真剣=バリバリ弾けるとなってしまっているのかもしれません。お互いの方向性を話し合う必要性はあると思いますが、教師側で「きちんと」「真剣に」というものが、どこかバリバリと・・・とか音大卒のように・・・とか、コンクールにも受かるような・・・のような狭い考えの「真剣さ」になってしまっていると難しいものもあるかもしれません。

真剣?では音大を目指すようなレッスン?違うんだなぁ・・・

趣味?では一応弾ければいいのね?楽しく?違うんだなぁ・・・

もっと大きなものを生徒が望んでいたら?でも教師自身が大きなものを望んでいない限り、理解は難しいのかもしれません。教師自身が「弾かずにはいられない」のようなものを持っていて、生徒と教師の方向性の共有というものが成り立つのかもしれない・・・

日本のコンクールの単一さは僕も感じるところです。粒が不揃いだったらもう終わり・・・のような?不揃いの美しさというものもあるんだがなぁ・・・などと思います。巨匠たちの魅惑的な演奏、現代のコンクールだったら一次敗退でしょうかねぇ・・・そうなるでしょうねぇ・・・

kaz #- | URL | 2015/11/12 11:44 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top