ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

演奏者の責任 その2 

 

演奏の印象というものは、極めて主観的なものに左右されるだろうと思う。世界的なピアニストの演奏に退屈し、未熟なアマチュアの演奏の一瞬の閃きに涙することだってある。

前記事のピアニストの「愛の小径」に、どこかスマートなもの、シックなものを感じる人もいるだろう。「サクサク事務処理的」と感じるのは僕の主観によるものだ。

残念ながら、というか、不思議なことにシュトゥッツマンの「愛の小径」はユーチューブでは聴けないようだ。動画にアップされている演奏の中では、ジェシー・ノーマンの歌唱が最も僕の主観的な好みと一致するような気がする。

一般的に演奏というものが主観的なもので判断されるのならば、前記事のピアノ版「愛の小径」をジェシー・ノーマンの「愛の小径」よりも好ましく感じる人がいたとしても不思議ではないし、それが普通なのだろう。

でも、「違う曲に聴こえる」という事実は残る。

kaz



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top