ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

「ヒロシマの薔薇」・・・地球の裏側で 

 

「でも、この曲だったら日本人でも知っているんじゃないか?」とパウロが囁くように、ある歌を歌いだした。僕は、その歌を聴いたことがなかった。

「知ってるだろ?」

僕は正直に知らないと答えた。

「ということは、多くの日本人が、この歌を知らないということなんだろうか?」

この問いには答えられなかった。でも日本では知られていない曲なのかなぁ・・・などとも思った。僕だけが知らないのかもしれないけれど・・・でもネイ・マトグロッソという歌手そのものが日本では知られていないのだから、やはり多くの日本人、ほとんどの日本人は知らないのかもしれない。そうパウロに答える。

「そうなんだ・・・」

その曲はネイ・マトグロッソが歌って大ヒットした曲で、ブラジルでは知らない人はいないぐらい、誰でも歌える曲なのだそうだ。歌詞はブラジルの教科書にも載っているらしい。

作詞はヴィニシウス・ヂ・モライスという人。たしかこの人は有名な「イパネマの娘」の作詞者だったと記憶している。

地球の裏側で歌い継がれている歌がある。そのことを日本人は知らない。曲そのものを知らない・・・

複雑な心境だ。

パウロが暗記していたポルトガル語の歌詞を英訳してくれた。僕がその英訳を日本語にしてみた。なので、オリジナルとは少し表現が異なるかもしれない。いくら誰でも歌える曲とはいえ、パウロが歌詞を正確に暗記しているとは限らないしね。でも僕は、地球の裏側で歌われている曲を日本に伝えたいと思った。どうしても・・・


「ヒロシマの薔薇」   詞:ヴィニシウス・ヂ・モライス  歌唱:ネイ・マトグロッソ

音を失い テレパシーで話をする子どもたち・・・
光を失い、目でものをみることのできなくなった、形が崩れた少女たち・・・
人生を奪われた女たち・・・
燃えるような紅いバラの傷を持った人たち・・・

彼らのことを考えて

忘れちゃいけないじゃないか・・・忘れるんじゃない!

薔薇のことを  ヒロシマの薔薇  受け継がれる薔薇のことを・・・
歓びも、幸せも、すべて奪いつくし、破壊してゆく放射能の薔薇のことを・・・

色がない  香りもない
薔薇なんかではない
何もない  ありえない

あってはならないんだ・・・



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 秘曲

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top