ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

アリア 

 

頭と指との連動は比較的やりやすいのかもしれない。難曲を弾きこなす人は多いから。アマチュアでも弾ける人は弾けるしね。むろん、音大生でも弾ける人は弾けるだろう。

脳、耳、というのかな、そこと指との連動は困難だ。呼吸とか、響きの弾き分けとか・・・

よく「テクニックはあるけど表現力に乏しい」とか言うけど、テクニックがあれば表現力に富んだ演奏になるのだと思う。なんとなく表面上はバリバリと弾いているという印象になるのは、テクニックが足りないから・・・

テクニックにしても、メカニックにしても、恐ろしいほどの修練を重ねなければ達成できないものなのだろう。達成・・・なんてないのかも。基礎が身につく前にピアノ人生が終わってしまったりして・・・

でも頑張るしかないよねぇ・・・

ここで考える。メカニックにしても、テクニックにしても、そして必死にピアノ奏法の基礎を追うのは何のため?

「そこに山があるから・・・」「憧れの曲を弾きこなしたいから・・・」

そうだとも思うが、それだけではないだろうとも思う。もし、自分の意思によってメカニカル、テクニカルなものが上達しても、そもそも自分の中に表出すべきものがなかったら?空っぽだったら?あまりにも長い道のり、厳しい道のりなので、ついつい空っぽの中身については放置してしまう。本来の目的を達成すべき手段であるものを追い続け、そこが目的化してしまう。やるべきことは沢山あるしね。

「一生懸命練習してきました。沢山練習しました。弾けるようになってきたかも・・・でも何を表現すべきか、中身がスカスカだから出しようがない・・・分からない・・・」

こうなると不幸かもしれないな・・・などと思ったりもする。

僕は個人的には、ピアノ教育に携わる人で、あまりにも「感性」とか「心」とか「感情」などの言葉をレッスンでテンコ盛りにする人は、あまり信用できない。「歌って・・・」とだけしか言わない人は、もはや先生とさえ言えないと思う。ピアノのレッスンには具体性が何よりも必要だと思うから。

「もっと歌って・・・」

ではどうしたら?どのような具体的な方法により、歌えるようになるのか、歌っているように聴こえるのか、非常に具体的な情報を生徒にも理解しやすいように伝えられる人が僕は先生だと思う。

もちろんピアノを弾くとか、演奏というものは芸術なのだろうが、レッスンという場は「お芸術」とか「感動で心を豊かに」とか、そのようなものではなく、どちらかと言えば、「物理」とか「医学」のような感覚に近いような?具体的に伝授できる先生のレッスンでは、高尚なるアート的雰囲気言葉は飛び交わないような気がする。

難しいのは、演奏というものは、基本的に他者との関わりというものがあるのが普通だ。自分だけでも楽しめるけれど、基本的には聴いている人が存在する。レッスン室や自宅では「光が差し込んでいるような・・・」とか「天使が歌っているみたいに・・・」などという曖昧な世界を夢見ているだけでは、ピアノは上達しないし、なによりも「具体的奏法」のような具象的なものが重要だと思う。でも人はその「具体的奏法」というものの完成度とか達成度が聴きたいわけではない。「ああ、今の部分の○○筋の動かし方が絶妙だわ、なんて素晴らしい・・・」などという聴き方はしない。むしろ、聴いている人は、「光が差し込んでいるような・・・」とか「天使の歌」みたいなものを感じたかったりするのでは???

演奏者が地道に追っている具体性そのものは、聴き手は直接それを求めないというか・・・

クラシック音楽を敬遠する人は多い。クラシック離れ・・・結構深刻な問題らしい。その理由としては、作品そのものが難しいからというものが今までは普通だったように思う。演奏は追及されなかった。クラシック音楽に疎い人でも、演奏が上手なことは分かるのだ。下手ではないと。とても達者に立派に演奏しているということは分かる。感じる。だから感銘を受けないと、作品に責があると思う。もしくは聴いている自分に責があるように思う。「とてもよく弾いているじゃない?」「自分のような者には高尚なクラシックなんて分からない」

達者で立派な演奏は多い。下手な演奏のほうが少ないくらいだ。みんな本当によく弾く。でもそれが目的?よく弾ける・・・というのは、何かの手段のような気がする。目的ではない・・・でも演奏者はそこを目的としてしまって気づかない。

演奏者の求めているもの、追っているものと、聴衆が求めているものとのズレが生じていないだろうか?

夜中にツラツラと綴っているので、我ながら、まとまりのない文章のように思う。僕は何を言いたいのだろう???

パウロはアラ・マリキアンの演奏をスペインで聴いたのだそうだ。演奏会そのものも刺激的で楽しいものだったけれど、そして驚いたけれど、最も感銘を受けたのは最後の曲だったのだそうだ。いつもマリキアンがそうするのかは分からないが、パウロが聴いた演奏会では、最後の曲でマリキアンが舞台から客席に降りて、スタンディングオベイションの客席、通路を歩きながら演奏したのだそうだ。人々の笑顔、スマホで動画や写真を撮る人、フラッシュの光、ざわめき・・・

普通のクラシックの演奏では、あまり遭遇しない風景であったと・・・

聴衆は演奏者に拍手をする、演奏者も聴衆に拍手をする・・・そこには距離というものが一切なく、完全なる調和があったのだそうだ。完全なる演奏者と音楽と聴衆との一体感が・・・

kaz



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top