ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

演奏動画に求めるもの 

 

僕自身は自分の演奏というものを録画(録音)して聴きたいとか、ユーチューブにアップして世界の人と共有したい・・・とか、あまり思わない方だ。理由としては面倒くさいから。機材はある。でもパソコン作業のこと、それを想像するだけで死ぬほど面倒になる。別に自分の動画はアップしないと決意しているわけでもないので、ヒマができたら研究してみようかとも思う。まっ、そのうちに・・・という感じだが、「その時」は永遠に来ないような気もする。過去に怠惰な僕にアップの方法をメールしてくれた方も(複数!)いたのだが、僕には解説というか説明が簡易すぎる。~を~してと簡単に書いてくれるけれど、こちらは世間では当たり前の「~を」が分からないのだ。「~を」の~って何?

人の演奏動画を鑑賞するのは大好きだ。むろん、往年の巨匠の演奏も含めてプロのピアニストの演奏もネットで聴くことはある。僕は、かなりCDを所有している方だと思うが、それでもユーチューブは便利だと思う。CD化されていないライブなども沢山あるし、ピアノ以外の、例えばチューバの演奏など、CD購入まではいかないけれど、でもネットでだったら、そのような自分にとって遠い楽器の演奏、曲も気軽に知ることができる。

ユーチューブという媒体は、一つの文化革命なのではないかとも思う。気軽に・・・ということもそうだが、CDやレコードだけの時代だったら絶対に触れることのできなかった、世界中のアマチュアや街のピアノ教師の演奏を聴くことができるから。

彼らの演奏には、有名なコンサーティストの動画では得ることのできないような感動を味わうことができる。少なくとも僕はそう思っている。ある意味、コンサーティストたちの演奏は上手くて当たり前。そこに至るまでにはどのくらいの苦労があったのだろう・・・とは思わなくもないけれど、でも演奏がお仕事なんだし、自分の人生と重ね合わせたりとか、画面の中の演奏者の歩んだ人生などに想いを馳せたりすることはない。そのような聴き方はしない。純粋に演奏だけを聴く・・・

でもアマチュアらしき初老の男性などが真摯に名曲を演奏していたりすると、こちらの心はウルウルとしてきてしまうのだ。むろん、演奏の質にもよるが、別に達者にとか、バリバリとか、そのようなことではない。時には演奏事故が生じたとしても、演奏者の背景のようなものを想像したりして、感動が二乗、三乗にもなったりする。正しい音楽の聴き方ではないのかもしれないが、でもそれが何だと言うのだろう?

演奏者の曲への、そしてピアノへの共感、そして愛が伝わってくるのだ。画面の中で演奏しているという事実だけで胸が熱くなってくる。簡単なことではなかったはずだ。仕事の悩みも、家庭の悩みも、そして自分の中の葛藤も、すべて乗り越えて弾いているのだ。簡単ではない。でも「弾かずにはいられない」のだ。その想いが伝わってくる・・・

僕は自分のピアノライフが快調な時には、あまりユーチューブ演奏は聴かない。聴きたくなるのは、どこかしら不調な時だ。そしてその不調な時が実に多い。そのような時、アマチュアや街のピアノ教師の動画は心の支えになるのだ。彼らの演奏を聴くと「頑張ろう」と(その時は?)思えるのだ。

アマチュアの演奏もなのだが、街のピアノ教師の動画を探すと、海外遠征(?)しなければいけないことが多く、それが残念だ。日本のユーチューブピアノは、コンペティション関係とか「練習途中で~す」的なものは多いのだが、魅せられてしまうような、どこか光るような演奏は残念ながら少ない。きちんとはしているのだが、どこかしら固い演奏が多いような気がする。その点、海外のユーチューブピアノは、きちんとどころか、ハチャメチャ感満載だったりもするが、中には実に素晴らしい演奏もあったりする。このような演奏はネットでなければ出逢うことのなかった演奏でもある。

この男性のような演奏が好きだ。人生の歩みを感じさせるような演奏。ピアノが好きなんですね、だから弾き続けてきたんですね、何があろうとも・・・そのようなピアノ人生だったのですね。

多少の傷がなんだと言うのだろう?ノーミス、ミスタッチゼロのような些細なことを気にせず、撮り直しをしなかったことだけでも、この男性がピアノに何を求めているかが分かる感じだ。

彼は人生をピアノに託したのだ。ブラームスの曲が彼の人生を代弁してくれたのだ。だから弾かずにはいられなかった・・・

kaz



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

スポンサーサイト

category: 音楽自立人、音楽自由人

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top