ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

労働の後のピアノ 

 

凶悪事件を担当したりする刑事さん、「ああ、小さい頃ピアノを習っていればよかったな・・・」、そう思いながらも仕事を終えてピアノを弾く。トツトツとしたピアノなのかもしれないが、それは至福の時間なのかもしれない。

夜勤専門のナース、勤務後、仮眠した後ピアノを弾く。「ああ、ピアノを習っていた頃、もっと練習しておけばよかったな・・・」そう思いながらピアノを弾く。

旅行会社に勤務するAさん、ピアノを弾けたらいいなと思う瞬間はあるけれど、昔習っていたころのレッスンを思い出すと、ピアノを弾こうという気力が萎える。でも弾きたいという気持ちは消せない・・・でも・・・

このような大人の人は、日々の生活の中で、ピアノに触れたいと思っている。僕もその中の一人なのだと思う。生活の中のピアノ・・・

ピアノを習う動機は色々だと思うし、そのようなことすら考えずに幼少の頃からピアノを弾き続けてきた人も多いのかもしれない。指導する側の考えも色々だったりする。趣味で?本格的に?本格的って何?趣味で楽しくって何?

実際にピアノのレッスンに通い、毎日の日課としてピアノが入っているような「現役の頃」には、以外と考えなかったりすること、それはピアノを今弾いている目的のようなもの。

子どもにピアノを習わせている保護者の本心というものは、以外とこの「何故ピアノを弾くのか、習わせているのか?」という部分の核心に触れていることが多いのだと思う。それは指導者が質問したとしても返ってはこない本心のようなものなのかもしれない。

「専門的に習うのですか?将来は音大とか?コンクールも沢山ありますし、そのような路線(?)で?」

この場合、「できればそうしてください」とギラギラ燃える保護者は少ないように思う。

「では楽しく趣味的に習うのですね?」

音大とか、そんなことではないので、そのような意味だと趣味かな?でもできれば上手くさせて欲しいと思う。難曲を達者に華麗に・・・ということではないけれど、でも・・・

リストやラフマニノフのエチュードをバリバリ・・・ということではないけれど、でも「やっとJポップを時間をかけて弾けるようになる」とか「何か月もレッスンで特訓されて、やっと弾けるようになる」という以上のものは口では「趣味で・・・」と言っている保護者でも持っているはずだ。

専門とか趣味とか、そのようなことではなく「将来、ピアノのレッスンは辞めてしまったとしても、生活の中にピアノを弾くという楽しみを、音楽に直接触れるという楽しさを持って欲しい、そのような人生を持って欲しい・・・」という希望は保護者なら持っているのではないかと思う。

生活の中のピアノ、労働の後の至福のピアノ、人生の中のピアノ・・・

こんなふうに楽器を演奏できたらいいな・・・と思っている人は多いんじゃないかな?

kaz



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ






スポンサーサイト

category: 音楽自立人、音楽自由人

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

最高!

今回はとても大きく頷きました。

私は趣味だからどうとか、専門だからどうということは言いません。
確かに専門家になるためには、努力プラスアルファが必要です。
そして、若い時に頭角を現しておくことが必要なこともある。
(絶対、とは言えません)

大人になってから、ピアノが心の拠り所になるというのは、ある程度弾いて楽しめる腕があったほうがいいです。
せっかく子どもの頃から習うのなら…。
お子さんがお父さんお母さんの年になったときに、
「お父さん、お母さん、自分にピアノというものを習わせてくれてありがとう」
そう言ってくれるといいですね、という話をしています。

うちは下の娘がどうやらピアノが大好きらしいので、母としては嬉しいです。(彼女の師匠としては、もう少し努力をして欲しいとも思いますが)
小さい頃からピアノを習わせてもらえたから、音楽が好きで音大で勉強できたから、私は今ピアノを教える仕事をしたり、たまに演奏でお金がいただけたり、します。

ピアノを弾けて、よかった。
そんな気持ちを持ち続けられる先生がもっと増えて欲しいな。
先生が楽しくなければ、伝えられないから。

なかつかさきこ #QFk3YRjk | URL | 2015/06/17 16:52 | edit

なかつかさま

もしかしたら子ども時代のピアノは、本格的人生(大人ということですね)に弾くピアノへの投資という意味合いもあるのではないかと思ったりします。どうしても子どものピアノが「王道」になってしまいがちではありますが。

子どものための作品よりも大人のための作品の方が多いですし、いわゆる名曲は大人が弾くことを前提に書かれていますから、ピアノは本来は大人のための楽器なのかもしれません。大きな楽器ですし・・・

kaz #- | URL | 2015/06/17 23:16 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top