ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

憧れの「レッスン記」 

 

どうも自分のブログに、自分の演奏会記やレッスン記を書くのが苦手だ。普通は、そのブログの持ち主(書き手)が何の曲を練習していて、本番がいつで、本番ではどのような出来映え(あくまでも本人視点からの)であったのかは、読み手は(アマチュア)ピアノブログの場合、分かるのが普通だろうと思う。

演奏会本番の日でも、全く関係のない歌手のことなどを書いたり、ピアノ教育に関して書いたりしてしまう。「~のように自分は思っている」ということを綴るのはいいのだが、どうも自分のピアノライフそのものを綴るのは苦手みたいなのだ。興味がないというのだろうか・・・

このブログは「ピアチェーレ」の広報の役割をも担うものとして起ち上げたものだし、自分のことも書かないとな・・・などと思ってはいるのだが・・・

今日は、レッスンだったので、憧れのレッスン記。

でも、何を書いていいのか分からないんだよね。「メフィスト・ワルツ」の例の跳躍部分、先生は「右手はどうでもいいんですよ。はずれたっていいじゃないですか?誰も気にしませんよ、そんなこと・・・」と(いつものように)言う。本当に細かなことというか、他の先生だったら「外さずに狙う」ということを必死に教えるのではないだろうかと思うが、そのようなことは気にしない先生だ。

「そこは右手の跳躍なんか(?)よりも、左手のリズムが面白いですよね?この剽軽さを意識したほうがいいです」と左手は楽譜通りに、そして右手は即興して演奏してくれる。「こんな感じ?どうです?この方が軽さ、出るでしょう?家でも適当に右手を弾いて今のように練習してみては?」

やはり変わった先生だ。生徒も変わっているからいいけど。

「どうしても跳躍を外したくなければ、二つの方法があります。まだ時間もあるので、やってみてもいいでしょう」と、二つの方法を教えてくれた。一つ目は、跳躍先の音の鍵盤に触れてから押す・・・のようなことを目的とした動き、もう一つはフィンガリング。「最近の若手はこの指で弾いている人が多いんですよ。よほど外したくないんでしょう。オクターブ跳躍の変則という形として意識できるのだと思いますね」詳しいことは、どちらも企業秘密(?)ということで。文章化が面倒(不可能?)なので・・・

うーん、やはり・・・書けない。

僕の演奏を実際に聴いたことのある人は、どこか頷けるものがあるかもしれないが、僕の演奏は世の中の主流の演奏とは異なる演奏だと自分では思っている。先生も思っているが、何も言わない。先生も現代の主流の演奏をあまり好きではないらしい。

「最近の演奏、これはkazさんが仰る日本人ピアニストだけではなく、世界的な傾向だと私は思います。すべてを綺麗に、粒をそろえて、キラキラとさせて・・・どうもそのような演奏は好きではなくて・・・上手だとは思うのですが・・・」

「でも、僕の演奏は素人っぽい(素人だが)というか、音楽のありようというものを正しく再現していくというよりも、自分の世界というものが、あまりにも表に出すぎているような気がして・・・それはどんなものかなと自分でも思ったりすることもあって・・・」

「私はそれでいいと思いますが・・・昔の名手は皆そうでしょ?」

そうなんだけどね・・・

やはり「主流ではない」というか「正式レールに乗っていない」というのは、どこか寂しいものではある。自分だけの世界なので、他の人との共有感、一体感がない。「きちんとすべてを整えて正しい演奏!!!」ということならば、世の超優秀音大生との共有感もあるのかもしれないが・・・

「ねっ、ねっ、みんなそうでしょ?一緒でしょ?そうだよね?それでいいんだよね?」みたいな一体感・・・

そんなもの、なくてもいいのかもしれないが、どこか孤独だ。

家に帰って、主流の上手な人のCDを(一応)聴いてみる。やはり、ポリーニは苦手だ。ツィメルマンも。アムランも苦手だな。嫌いというより、とても遠い感じだ。勝手に完璧に弾いていれば・・・みたいな距離感を感じる。日本人の若手の演奏なんて遠すぎて機械が弾いているような浅さを感じる。これが主流なのだろうが・・・

なんとなく寂しくなり、グリュミオーのCDを聴いた。何故グリュミオーなのかは分からないが・・・

この感じ、やはり僕はこの感じが好きだ。現代の若手であれば、グリュミオーよりも達者に弾ける人はいくらでも(実はそうはいないとも思うが)いるのかもしれないが、この感じを表出できる人はどのくらいいるのだろう?

こちらとの一体感のほうがいい・・・

でも寂しかったりはするんだよね・・・

全く「レッスン記」にならず・・・

kaz



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: レッスン

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top