ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

素人考え 

 

ノーマン・カズンズの「笑いと治癒力」を再読中。もっとも、僕が持っている本は「死の淵からの生還」というタイトルだが、中身は同じものらしい。

ノーマン・カズンズは広島の名誉市民なのだそうだ。彼の碑も広島市にあるらしい。彼はジャーナリストだったので、世に知られていない、そして知られるべき事実というものをレポートし、世に紹介した。結果的に、原爆乙女の存在、現状というものを多くのアメリカ市民が知ることとなった。彼のレポートを知ったアメリカ人たちから寄付金が集まり、多くの原爆被害者のケロイドがアメリカで治療されたという。そのカズンズの功績を讃えた「名誉市民」と「碑」なのだろうと思う。

知られるべき事実を、レポートし、世に知らせるというジャーナリストとしての使命を全うしたということなのだろうが、自分自身がレポートの対象となることだってある。重篤な病を患った時が、そのような事例になるのではないかと思う。

「自分の病というものが、どのような影響を精神的にも肉体にも与えるのだろうか、そして自分は、その状況をどのように自己救済していくのだろうか?」・・・という自分を対象としたジャーナリズム精神。

カズンズは膠原病と診断された。専門医の診断では、「治る確率は五百分の一でしょう」というものだった。当然、ジャーナリストも人間だから、普通の人間が感じるような、ごく普通の感情を持ったことだろうとも思うが、でも彼はジャーナリストだったのだ。

「自己を救済するには?治らないと専門家は言うけれど、そうなのか?本当にそうなのか?」

彼の根底にあった気持ちは、「専門家(医師)の言葉に従順に従うだけでいいのか?患者にも感情や、そして何よりも考える力、知識を得る力というものはあるのだ、同じ人間なのだから・・・」というものだったように思う。

彼の著書を読めば、具体的な彼なりの自己治療法、自己救済法というものが書かれているので、ぜひ読んでみて欲しい感じだ。「ビタミンC」と、そして「ユーモア、笑い」というものが完治への扉だった。

「素人が難病を治す?」

笑う、心の底から笑う、人生を捨てずに、希望を持つということだ。また、自分という人間は価値あるものだと自己認識し、諦めないということだ。そのような気持ちになることで、身体の免疫力というものへも影響があるのではないだろうか?

カズンズの闘病記、自己救済記が「笑いと治癒力」の最初の章で、この部分は、本になる前に、ある医療雑誌に掲載された。多くの専門家(医師)がカズンズの記事を読み、励まし、驚嘆の手紙が殺到した。医師からの手紙は3000通だったそうだ。

以前に「笑いと治癒力」を読んだ時には、カズンズのジャーナリスト魂のようなものに感動した記憶があるが、今は、3000人の医師、カズンズの記事を掲載した医療雑誌の編集者に想いを馳せてしまう。

カズンズは、ジャーナリストとして、医療の知識は豊富ではあったし、医療に限らず、勉強を続けていた人ではあったけれど、所詮は「素人さん」なのだ。医師という人たちは、プライドが高そうだが、すくなくとも3000人の医師たちは「素人の分際で・・・」などとは思わなかった。

ノーマン・カズンズは自分の力で膠原病を克服した。キーワードは「笑いとユーモア」・・・

彼は、数々の名言を残している。

「人生の悲劇は死ではなく、生あるうちに自分の中で何かが死に絶えてしまうことだ」

「悲観することは時間の浪費だ」

「笑いは心のジョギング」

「人は気分がいいから笑ったり微笑んだりするんじゃないんだ。笑うから気分が良くなるんだよ・・・」

kaz

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: ピアノ以外の本

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top