ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

イジメへのメッセージ 

 

ジェイミー君が自らの命を断ち、そしてそれが大きな問題となった。イジメという、社会問題として・・・

ジェイミー君の両親、そして姉がテレビのインタビューに答えている。ジェレミー君の動画も14歳の少年とは思えないようなメッセージだったけれど、インタビューに対しての家族の答えも、とても普通の、一般の人のそれとは思えないような、理路整然としたものだ。日本の場合、14歳の息子、あるいは弟を失った家族として、ここまで冷静に受け答えをし、自分たちのメッセージを伝えることのできる家族は稀なのではないだろうか?普通は泣き崩れるだけとか、そうなってしまうのでは?でも、アメリカではこのようなことは、割と普通のことなのだ。なにもロードマイヤー家が特殊なのではないと思う。教育を受けたアメリカ人は、普通は、自分の意見、メッセージというものを人に伝えるという教育を受ける。そして、家族のメッセージも、やはりジェイミー君のものと共通している。

「人間はみな、同じなのだ」ということ。

異質の人を排除しない・・・

当たり前のようでいて、とても勇気の必要なことなのだ。何故なら、その根底には「私は私、あなたはあなた」という、どこか人間の集団というものは、異なった個性の集まりという認識が必要だからだ。

人間として、人として、あなたは、そして私は何を考え、何を大事にしているか、自分はどのような人間なのか、そこを見つめない人が多いのかもしれない。だから不安になり、似た者同士で固まろうとする。そして異分子を排除したがるのだ。

kaz



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top