ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

情感と強調 

 

僕は自分の演奏を公開していないので、文章にしても説得力に著しく欠けるとは思うのだが、僕の演奏を聴いた人は僕の演奏を「歌っているよう」とか「情感豊か」とか言ってくれることが多い。そして「どうしてそのように弾けるの?」という質問を受ける。これは非常に答えにくい質問ではある。でも、自分でもなんとなく「歌のように」の部分は、どこか自覚しているところはある。やはり僕は歌が好きなのだ。正確には歌を聴くことが好きなのだ。これは質問への答えになっていると僕は思うのだが、この答えでは満足しない人が多い。

「どのような練習をしているの?」「楽典とか勉強すればいいの?」「一日何時間練習しているの?」

僕などのようなものに質問をするということは、彼らは悩んでいるのだ。どうしても「どこまで弾けるか?」というところから踏み込むことができないという悩みを持っているようだ。読譜をして、音にしていって、パッセージの部分練習をして・・・と隙間時間を見つけ、必死に練習していく。でも、どうしても「なんとなく弾いているだけ」というところから抜け出せないと・・・

当たり前のことだが、彼らの質問は僕ではなく、彼らの先生に向けられるべきものだと思う。でもサークルの打ち上げの席で質問されて「それは先生に訊くべきことなのでは?」とだけ答えるのも、なんだか冷たい印象を与えると思うので、「歌を聴くことじゃない?」などと彼らには答えるようにしている。

では声楽のCD,オペラのアリアであれ、歌曲であれ、有名歌手のCDを聴けば、ピアノを歌えるように弾けるのだろうか?そんなものでもないだろうと思う。

しかしながら、ただ練習時間を増やせばいいというものでもない。「どうしたら歌えるように、情感豊かに弾けるのだろう?」「どうしたら、楽譜を音にしてみました・・・的な演奏から脱することができるのだろう?」と悩んでいる人は多いようだ。これは、その問題に立ち入ることのできない、つまりその部分を教えることのできない先生が多く存在しているということでもある。でも、どうなのだろう・・・

難しいのは、この部分は、生徒が自分で努力するべき部分でもあるのではないかということだ。まったく白紙の状態で、「音は弾けるようにしてきました。さぁ、表現を教えてくださ~い」ということがピアノのレッスンでもないし、本来は「~のように表現したい」というものがあるからこそ、ピアノを弾くわけだから・・・

表現というものは、後付けのものではないとは思う。そして技術という具体的なものを介さなければ、人には伝わらないので、そこはテクニック(メカニックではない)の問題になってくるので、それは専門家であるピアノ教師に質問すべき範疇の問題だろうと思うし、僕などが、あれこれ書くことは筋違いというものだ。できないし・・・

でも、僕なりにやっていることもある。それは「歌を聴く」ということなのだが、無意識に「ただ上手なだけの歌唱」と「思わず惹きこまれてしまう歌唱」というものを比較して聴くことが僕の場合はよくある。同じ曲で比較するのがコツなのではないかと思う。ピアノ曲でも根本は同じだが、ピアノ曲は音が多いし、どうしても「あらぁ・・・上手」とか「どうしてこんなにミスなく弾けるの?」という表面的な聴き方になりがちだが、歌はそのような意味で比較しやすいのだ。

「港の見える丘」という歌謡曲がある。昭和22年の曲なので、叙情歌と言うべきかもしれない。とても有名な曲だ。あるプロの歌手(この人は有名らしい。僕は知らなかったが)が歌っている。客観的に判断すると、これはプロの歌唱だと思う。とても上手だ。でも個人的には「あら・・・上手ね」という印象しか持てないところがある。声は綺麗だし、丁寧に歌っているし、どこといって欠点のない歌唱だと思うのだが、圧倒的な、思わず惹きこまれてしまう・・・というものに乏しいように感じる。

なんとなく、「歌のお姉さん的」というか、「品行方正すぎる」というか、「あっけらかん」というか、そのような印象を持ってしまうのだ。曲のもっている「何か」を表現し、聴き手に伝えるということ、それは一体どのような手順を踏めばいいのだろう・・・という時に、このような「上手ね・・・」という歌唱と、それだけではない歌唱との比較を自分なりに徹底的にしてみると、自分のピアノも変わってくるように思ったりもする。

やはり「強調」ということなのだと思う。普通の歌手ならば、スッ・・・と歌ってしまうところでも、惹きこまれる歌唱をする歌手の場合は、なんらかの「強調」がある、なので、「表現豊か」とか感じるし、聴き惚れてしまう。惹きこまれてしまう。

いわば、この動画の歌手は、「どこか凡庸な例」として挙げることになってしまい、可哀そうだと思うのだが、彼女もプロなのだからいいだろうと思う。上手なのだが、強調がないのだ。そこが惜しい。惜しいが上手ではある。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top