ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

代役 

 

奇跡のピアニスト郎朗(ラン・ラン)自伝―一歩ずつ進めば夢はかなう奇跡のピアニスト郎朗(ラン・ラン)自伝―一歩ずつ進めば夢はかなう
(2008/07/23)
ラン・ラン、デイヴィッド・リッツ 他

商品詳細を見る


ラン・ランというピアニストは、どうも苦手だ。演奏の印象の前に、あの百面相が苦手。演奏そのものはいいのかもしれないが。どこか苦手意識のあるピアニストではあるが、彼の自伝(!)などを読むと、かなりの苦労人であるということが分かる。この自伝の中で印象深かったのが、カーティス音楽院時代のこと。彼はゲイリー・グラフマンに師事するわけだが、彼はコンクールにラン・ランを決して出場させなかった。オーディションを受け、ただチャンスを待つ・・・この姿勢を徹底させた。これはグラフマンがコンクール嫌いだったということよりも、ラン・ランのピアニストとしての器をグラフマンが信じたということなのではないかと思う。「彼なら絶対にチャンスがあるはずだ」と。

そして実際にそうなった。ユジャ・ワンもグラフマンの生徒だが、同じような道を歩んでいる。オーディション、そしてチャンスを待つ・・・

彼らと同じ中国からやってきた生徒にチャン・ハオチェンがいた。やはりラン・ラン、ユジャ・ワンと同様、中国では目立っていた存在で、15歳の時に渡米した。グラフマンは、チャン・ハオチェンにはコンクールを受けさせている。彼はヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した。一位を日本の辻井伸行と分け合ったので、そのような意味では日本でも知られたピアニストと言えるのかもしれない。優勝したのだから、大変おめでたいことなのだと思うが、でもこうも考えられるのではないだろうか?

グラフマンはチャン・ハオチェンという生徒はラン・ランやユジャ・ワンほどの器ではない。なので、彼にはコンクールというチャンスしか残されていないだろう・・・そのように考えたと・・・

僕がチャン・ハオチェンの立場だったら、相当傷つくかもしれない。「ああ・・・コンクールしかないのか、僕はそれだけの器だったのだ」と。このあたり、グラフマンは非常にシビアというか、アメリカ人的というか・・・

たしかにチャン・ハオチェンの演奏を聴くと、彼は、やはりラン・ラン、ユジャ・ワンではなかった・・・という印象を持ってしまうのは事実なので、グラフマンの判断は正しかったのだと思う。

思うに、最近は少しずつだが、コンクール優勝ではない経緯で有名になるピアニストも出てくるようになったような気はする。おそらく、キーシンあたりがその始まりで、ラン・ランやユジャ・ワンが活躍すればするほど、コンクールというもののかつての権威が落ちていってしまうようにも思う。別にいいと思うが・・・

コンクールの権威は落ちていると実際に思う。クライバーン・コンクール、前々回の優勝者は日本人だったので、これは多くの(日本)人が「辻井伸行」と答えられると思うが、では前回の優勝者を答えられる人はどれくらいいるというのだろう?

アンドレ・ワッツもコンクール組ではなかった。彼は青少年のためのコンサートのようなものでまず演奏した。この演奏会で演奏するためのオーディションもあったのかもしれないし、そのオーディションだってコンクールのようなものではないか・・・と言われればそうなのかもしれないが、とにかくワッツ少年は大抜擢され、リストのピアノ協奏曲を演奏した。指揮がバーンスタインでニューヨーク・フィルとの共演だ。

本当の意味でワッツ少年が注目を浴びたのは、代役によってだった。たしかグレン・グールドの代役だったと記憶している。バーンスタインが「あの少年はどうだろう?リストを見事に弾いた、あの少年・・・」と言わなかったら、ワッツ少年は世に出てこなかったかもしれない。ピアノを習う少年として終わっていたかもしれない。あるいはピアノ教師とか・・・

バーンスタインは、ただのピアノを習う少年をニューヨーク・フィルの正規の演奏会でデビューさせた。バーンスタインは一度ワッツ少年と共演していたし、ニューヨーク・フィルのメンバーもワッツ少年の鮮烈なリストを覚えていたのだろう。誰もがワッツ少年のピアニストの器を信じたのだ。

バーンスタインの直観は正しかったのだ。ただ達者に弾けるだけの天才少年っだったら抜擢しなかったのではないかと思う。しかし、ワッツ少年は違った。生まれながらに演奏に「華」があった。

ラン・ランが、長い間チャンスを待ち、そしてそのチャンスを生かし世に出ることになったのも、やはり代役だった。アンドレ・ワッツが急病になり、その代役としてラン・ランは演奏したのだ。そして世に出た。歴史を感じる瞬間だ。

kaz



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: ピアノの本

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top