ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

2015 フィギュアスケート世界選手権 

 

フィギュアスケートの世界選手権が終了。僕は残念ながら旅の途中であるので、まだ映像を観てはいない。各々の選手達が、実際にどのような演技をしたのかは知らないのだ。帰国後に、友人が録画してくれたものを観てみたいと思う。

でも、競技の結果は知っているし、プロトコルにより、詳細な各選手の実施技や、その評価を知ることはできる。

おそらく、羽生選手を筆頭に日本人選手の成績、演技内容が日本では、当たり前のことだが、話題になっていると思うけれど、そして、むろん、僕自身もそのことは興味があることだけれど、プロトコルから見る限り、僕が最も「実際の演技を観てみたい・・・」と思うのは、日本の選手達の演技ではない。

プロトコルと順位を照らし合わせてみると、ここ最近は、明らかにスケーティングの質というものが評価されてきているような印象を受ける。大技を含め、ノーミスで演技をするということよりも、多少のミスはあっても、基礎的なスケーティング技術に長けている選手に高得点が与えられているように思う。いくら頑張っても、そしていくらノーミスで演技をしても点数の伸びない選手に共通しているのは、各エレメンツの間の部分が「いかにもつなぎです」とか「振付がそのようになっているのでそうしています」のような印象を与えてしまうことだ。またそのような選手は、ジャンプだけを見ても、ジャンプ前後の流れやスピードにおいて、スケーティング技術そのものが優れている選手と比べると、かなり見劣りがしてしまう。このあたりは、ピアノ演奏というものとも共通点がかなりあるように思う。「常に流れの中で技をおこなう」ということと、「技と間の部分とが継ぎ接ぎ」というくらいの差があるようにさえ感じてきてしまう。

さらに、プロトコル、そして順位を見て感じるのは、指導者(コーチ)の存在というものの大きさだ。今回、上位の選手たち、お馴染みの選手たちだけれど、共通のコーチの名が浮かび上がってくる。男子シングルでの1位、2位の選手たち、ブライアン・オーサーがコーチだ。教え方が上手いのか、高評価を得るコツを心得ているのか、オーサー自身が素晴らしい選手だったからなのか、おそらく全部だろうと思う。ナム・グエンという、今まで全く知らなかった選手が上位になっているが、彼のコーチもブライアン・オーサーだ。まず彼の演技を観てみたいと思った。

もう一人、浮かび上がってきたコーチ(指導者)がフランク・キャロル。彼は名コーチとして昔から知られていたけれど、今回、女子シングルで総合ではメダルは逃したけれど、フリーで2位になったグレイシー・ゴールド選手、また男子シングルで総合では銅メダルだったけれど、フリーでは1位だったデニス・テン選手、彼らを指導しているのがキャロルコーチなのだ。彼はミシェル・クワンを育てたという印象が強いけれど、とてもスケーティングそのものを重視している人のように感じる。

実際の演技を観てみなければ分からないけれど、おそらく出場選手達は全員が世界選手権にすべてを賭けてきたはずだ。努力・・・などという言葉では軽すぎるほどの努力を重ねてきたはずだ。それは今年だけのことではなく、そして世界選手権やオリンピックだけではなく、競技会というものにおいて、それはいつも感じることなので、そうなのであろう。でも「差が出てくる」というのがシビアなところだ。僕は、選手の才能ということよりも、指導者の力量というものが差を作り上げているような気がしている。これもフィギュアスケートの競技会を観ると、いつも感じることだ。

グレイシー・ゴールド選手、そしてデニス・テン選手の演技もまずは観てみたいと思っている。

基本的に、ピアノ演奏などでもそうなのだが、僕は「過去の往年の名選手」のような演技に惹かれる傾向がある。なので、基本的には旧採点時代の演技に惹かれるが、最近の演技、現役選手の演技で最も好きな演技が、2013年の世界選手権でのデニス・テン選手のフリー演技。この演技を超える感動をいつも待っている・・・という感じでスケート観戦をしている。

この時、彼はパトリック・チャン選手に次いで第2位になっている。世界選手権前までは調整に苦しんだ。3週間前の競技会では全く自分を出せずに沈んでしまっている。あと3週間・・・絶望的だ。

その競技会後、キャロルコーチは彼に言ったのだ。「君の焦点は3週間後の世界選手権だろ?」と。3週間で彼は自分を改造したのだ。身体的にも精神的にも。そして3週間で浮かび上がった・・・

そもそも、この時のショートプログラム、そしてフリーのプログラムには、デニス・テン選手にとって、表現したいテーマがあったのだ。

無声映画時代のスターが、落ちぶれていってしまう。彼は自殺未遂を繰り返す・・・

でも復帰するのだ。スターとして返り咲く。そして再び、人々から愛されるスターとなっていく・・・

彼は、どん底から這い上がるスターの一生を再現したのだ。そしてそのスターのように自分自身も3週間で這い上がったのだ。

フィギュアスケートはスポーツだけれど、ドラマがある。なのでいつも観てしまうのだ。

kaz



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: The Skaters

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top