ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

夢を捨てない愚か者になれ 

 

アップル iPad 2 Wi-Fiモデル 16GB MC769J/A (ブラック)アップル iPad 2 Wi-Fiモデル 16GB MC769J/A (ブラック)
()
アップル

商品詳細を見る


Apple docomo iPhone6 16GB A1586 シルバー [MG482J/A]Apple docomo iPhone6 16GB A1586 シルバー [MG482J/A]
()
アップル

商品詳細を見る


通信機器というか、電子機器というか、あまり興味のある方ではないのだけれど、かつてスティーブ・ジョブズが自社の製品を説明している映像を見た時、とても興味を持った。それは製品そのものにではなく、ジョブズという人物に。

まず感じたのは、とても嬉しそうに説明しているということ。携帯電話とパソコンの中間位置、そして画面をタッチして操作する・・・これらのことが画期的であったのだと思うのだけれど、そのことを実に嬉しそうに話していた。誇らしげ・・・というよりは、新しい発見を見つけた少年・・・という感じだった。大企業のトップになる人は、顔の表情の良くない人が多いような気がするのだけれど、この人は「永遠の少年」という表情をしていたのが印象的だった。

スティーブ・ジョブズは、スタンフォード大学の卒業式でスピーチをしている。そのスピーチは、彼らしく、飾らない、しかし心に響く内容で、このスピーチはとても有名になった。スピーチは2005年に行われていて、その後もジョブズは仕事面では落ち着くことなく、常に前進していた。それがアップル社の画期的開発につながっていったのだろう。つまり、ジョブズはスタンフォードの学生に送った自らのスピーチの内容を本当に実践していたことになる。

スピーチでは脾臓に癌が見つかったが、今は元気だ・・・と話しているが、その後肝臓に転移し、肝臓移植をしている。そして亡くなった・・・

常に死を意識して後悔しない人生を・・・

それを彼は実践していたのだ。

おそらく、多くの人が死ぬ時に後悔しない人生を望んでいる。でもそのための実践は難しい。安住せず、心の欲求に従って人生を歩むということは、変化を伴うからだ。変化を伴うということは、そこには痛みとリスクも伴う。

親は子どもの幸せを願う。子どもだって自分は幸せな人生を歩みたいと思う。不幸になりたい・・・という人はいない。しかし、ややもすると、「幸せ」=「安定」という図式ができあがってしまう。そして人は、いつか夢を捨てる・・・

夢を捨てた人は後悔するのだ。死を意識した時に・・・

でも、それでは遅いのだ。

kaz



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top