ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

ベルガモ 

 

南イタリアから一気に北上。ベルガモという街に滞在中。気のせいか、イタリアでは北に向かうほどネットの調子が悪くなるような気がする。自分のブログに入れなかったり、何日も前のメールが届いたり。友人は言う。

「ああ、それは理由があるんだ。北の人ほどネットを使用するのでネットが混雑するんだよ。きっとそうだよ」

そんなことは絶対にないと僕は思うが・・・

A09 地球の歩き方 イタリア 2015~2016A09 地球の歩き方 イタリア 2015~2016
(2014/12/13)
地球の歩き方編集室

商品詳細を見る


もちろんこのガイドブックは持参してきている。でも観光・・・とかあまりしないのでページを開くということはあまりない。ネットで検索する方が多い。

ベルガモはミラノから近い。ミラノを訪れる日本人は多いと思うのだが、ベルガモ観光をする日本人は、ぐっと少なくなるみたいで、日本語ではネットの情報もあまりないような気がする。イタリア語のページを友人に調べてもらったりもする。

サークルのホームページで、来月の練習会の予定が分かった。約一か月後だ。本来なら、弾く曲もないし、帰国してからバタバタと練習するよりは、今回は見送ったほうがいいのかもしれないが、参加希望のメールを送信した。別にいいではないか・・・と思う。先の予定があるということは、それだけで嬉しいのだ。でも何を弾こう・・・

調べれば、イタリアにだってピアノを練習できるスタジオのようなところはあると思うけれど、それはしたくない。ただ街を歩いたり空を眺めていたい。

一応ピアノのブログなのに、ピアノのことなんて全く書いていないような気もするが、ここベルガモはドビュッシーに「ベルガマスク組曲」を発想させた土地でもある。たしか、ヴェルレーヌの詩からの影響・・・という説もあったと思うが、ベルガモの月の光を浴びながら夜の街を歩くと、ドビュッシー嫌いの僕でも「月の光」が頭の中で鳴ったりはする。

kaz



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top