ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

手段は目的ではない・・・ 

 

某ピアノ・コンペティションで全国大会金賞、某ピアノ・コンクールで第1位・・・

そのような若手の演奏、音大卒、アマチュア含め、実に達者な演奏だ。難曲と言われている曲を見事に操るし、ミスが少ないのも驚異的だ。さて、そのような演奏に感動するかと言えば、必ずしもそうではないのが面白いところだ。そのようなタイプの演奏に多いのが、「手段を極めた」という演奏。粒が揃っているとか、曲の構成が聴いている人に見取り図のように掴みやすいとか、それらは大切なことなのだと思うけれど、聴き手として「音楽が聴きたいな」と純粋に欲する時には、それだけの演奏、つまり「手段だけを極めた演奏」というものは、どこか物足りなくなる。聴き手としては、演奏者の目的を垣間見たくなるのだ。つまり手段ではなく「目的の感じられる演奏」を聴きたくなるのだ。「ああ、この人はこのような理由で、このような目的で演奏しているのね」のような部分を感じたくなるのだ。演奏者内部の熱い部分というか、愛というか・・・

考えてみれば、ピアノを弾いていく、上達していくというのは、どこか手段を取得していくことの繰り返しになるのではないかと思う。最初は「ピアノって楽しいな!」という夢のような時間を持つことができるけれど、両手で演奏していく・・・という割と導入の早い段階で、「手段」を身につける困難さを味わうこととなる。

「ピアノ・・・難しい・・・練習・・・面倒・・・ピアノなんて・・・」

現在も多くの人が、この段階でピアノから離れてしまう傾向にあるけれど、指導者は叱咤激励したり、時には糖衣錠のように甘さで包みながら、なんとかピアノを弾くということを続けさせたいと願う。世の中のセミナーも、ここの部分に危機感を持つ人が多いから繁栄しているのだと思う。

読譜ができるように、リズム感溢れる演奏、美しい音、効果的な弾き方、練習方法、コードを会得し、和声感覚をつかむ・・・これらのことは手段なのではないだろうか?目的ではない。でも多くの場合、手段が目的化しているように思う。

専門的に学ぶ人、音大に進学するような人は、人によっては100曲以上のチェルニーを弾き、指の鍛え、高度な演奏を目指していく。でもそれらのことも「手段」なのではないだろうか?「よりよい演奏を目指す」ということは目的ではなく手段のような気がする。実に多くの人が手段を目的と勘違いしているような気がする。

コンクールの本選などを聴けば、実に達者な、極めつくした「手段」満載の演奏を聴くことができる。

でも、本当に聴き手は、そのような演奏を心から求めているのだろうか?

僕は手段を極めた演奏を聴くと、このように思う。

「そんなに練習しなくていいですから、そんなに粒を揃えて緻密に弾かなくてもいいですから、そんなに上手に弾かなくてもいいですから・・・もっと何かを聴かせてください。あなたの内部にあるものを示してくださいい。なんでもいいですから・・・」と。

なんとなく、クラシックの世界って、このあたりのことが実に甘いような気がする。そのような演奏、つまり手段を極めた達者なだけの演奏が認められてしまうのだから。他のジャンルの音楽の世界ではそうはいかないような気がする。

演奏の目的って、手段のように「やるべきこと」として目の前に提示されるわけではないから、目指すのが難しいのだと思う。そしてピアノって、どこか手段だけを追っても弾けてしまう怖さがある・・・

ピアノを弾く目的って、なんだか見つけるのが難しいようにも思うけれど、実は意外とシンプルなものなのかもしれない。親が子どもにピアノを習わせたいと思う理由を考えてみる。中には「世界的なピアニストに!」とか「ショパンコンクールで優勝、もしくは入賞!」と燃えてしまう親もいるのかもしれないが、少数派であろう。多くの親は、こう思うのではないだろうか?

「ピアノというものが、この子の人生においての楽しみ、時には哀しい時の友となるように・・・」と。人生において、苦しみを感じるとき、試練の時、ピアノで音楽を求めていくことで、光さえ感じることのできるような、そんなピアノ人生、ピアノ生活・・・

目的を感じられるようになるまでには、多くの手段を身につける必要があるだろうが、手段は目的ではない。

前の記事で紹介した、山口県在住の高橋正美さんの演奏・・・

この動画は、古い古いブリュートナーで、名曲の一部だけをつなげて演奏したもの。彼の内部が感じられる。そして、その音や響きの連なりが光となって僕を目的に導いてくれる・・・

そのようなことを伝えることのできる人が「ピアニスト」なのではないだろうか?

kaz



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

スポンサーサイト

category: 好きな曲・好きな演奏

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top