ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

緊張しない方法とは? 

 

ハイフェッツ症候群という言葉、概念がある。ヴァイオリニストたちが、あまりのハイフェッツの演奏の見事さに、自分の技量の限界を感じて、時には挫折、破滅してしまうことを言うらしい。当時はそのようなハイフェッツ症候群のヴァイオリニストはけっこういたらしい。現在でも、ある程度自信を持っているヴァイオリン科の学生がハイフェッツの演奏を知り、自信喪失・・・なんてことはあるのではないだろうか?憧れというものに昇華できればいいのだろうが、現実は厳しい・・・

ところでハイフェッツは演奏前に緊張したのだろうか?むろん、人間なのだから演奏前にはアドレナリンは分泌されただろうと思うので、緊張はしたと思う。よく「緊張しない方法」などというものが論じられたりするけれど、緊張しない方法を考えるよりは、緊張した場合、どうするか・・・を考えたほうがいいのではないかと思う。

「練習の時には弾けていたのに、何故本番だと弾けなくなるのだろう?」

本番で弾けなければ、いくら練習で弾けていても、あなたは本当には弾けてはいなかったのです・・・

そうなのだろうか?よく本番でなにが起こっても指だけは反射的に動くように、ひたすら練習を重ねるという考えがある。これはけっこう一般的な考えなのではないだろうか?もうこれ以上練習できない、自分なりに精一杯、マックス練習を重ねてきた・・・これは土壇場での心理的なお守りとはなろう。「あれだけ練習したのだ・・・きっと大丈夫」と。

でもその場合でも大丈夫ではないことはある。というか、多い。そうなると相当落ち込むことになる。「あんなに練習したのに何故?私ってダメなんだわ・・・」となりがちなのでは?

考えるに、本番前のひと時のことと、日頃の練習というものと切り離して考えることに無理があるのではないかと思う。緊張した場合でも自分の演奏ができるか、できないかは、その人の日頃の練習への考え方、そしてその曲をなぜに選曲したのか、そもそも演奏というものをその人がどのように捉えているかということに関わってくる問題なのではないか?

「あんなに練習したんだもの。大丈夫・・・」と祈るように舞台に出ていく・・・

何が大丈夫なの?なにができれば「ああ・・・できた・・・大丈夫だった」とその人は感じるの?

「練習の時と同じように弾けますように・・・」「間違えませんように・・・ミスをできるだけしませんように・・・」

間違えないで、ミスを少なく、そして止まらないように演奏することがピアノを弾く目的なの?

ここは陥りやすい落とし穴ではないだろうか?そもそも「発表会で何を弾こうかな・・・」と考え選曲した時に、その曲を弾きたいと思った動機があるはずだ。演奏するわけだから動機はあるはず。そこの根っこの部分をいつのまにか「何があってもいいように最大限練習を重ねる」と精進するうちに、本番での演奏に対しての目的が変わってきてしまう・・・

「この曲のここに魅力を感じる、それを伝えられたらいいな・・・」というものから「家で弾いている時のように弾けますように」にすり替わってしまう。もしかしたら、ピアノを習い、練習をして、そして本番で人前で弾くという一連の行為の中に、「ああ・・・私・・・この曲のここが死にそうに好きなの!」などという思いがなくても、ピアノの練習そのものは進めていけてしまうことに危険性を感じることができれば、本番前に緊張した時、演奏がどのようなものになるのかが変わってくる可能性もないだろうか?

「ミスなく弾けますように」「あそこの部分が家で弾いていたときのように弾けますように」ではなく、「ああ・・音楽」と思う。その曲を弾こうと思った最初のトキメキに戻る・・・

ハイフェッツは本番前に緊張したのだろうか?

kaz



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

スポンサーサイト

category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top