ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

「この子は売れる!」 

 

もし、天地真理がアイドルとして爆発的に売れ出したりせずに、割合と地味な(?)フォーク歌手として活動していたら、多くの天地真理歌唱によるフォークの名曲が今よりも残されていたと思うし、もしかしたら歌手として現在も歌っていたかもしれない。少なくても、息の長い歌手にはなっていたような気はする。

「ひとりじゃないの」から「恋する夏の日」あたりまでのオリコンチャート一位連発とか、キャラクターグッズや彼女自身のテレビ番組とか、そのようなアイドルとしての印象があまりにも強すぎるのだ。おそらく、今でも「恋する夏の日」の振付けを覚えている人はかなりの数になるのでは?

勢いのあった人気が陰りを見せ、レコードの売り上げやチャートの順位が明らかに落ちてきたりすると、なんとなく「落ち目」などと言われたりする。桜田淳子とか、キャンディーズとか・・・出てきていましたからね。でも、筒美路線になってから、彼女は、人気絶頂時代よりも、なんだか歌を愛しんで歌っていたようにさえ感じてくる。本当に歌が好きで歌っているんだな・・・と。そう、伸び伸びとしているわけですよ。もしかしたら、人気が下火・・・というか落ち着いてきた時代の方が、彼女は歌手としては幸せだったのかもしれないなぁ・・・なとと思ったりもする。

知らない人もいるかと思うが、天地真理は最初はフォーク路線だった。デビュー曲の「水色の恋」だけが彼女の持ち歌の中では少し系統の異なる曲で、これはアマチュア時代に歌っていた曲をそのままデビュー曲に起用したためだ。フォーク色の濃い曲なのだ。

なぜ、そのままの路線でいかなかったのか?ギターをつま弾きながら、フォークを歌う天地真理、このまま売り出していたら・・・

シングルのチャート順位など気にせず、自分の歌いたい歌を歌い、自分のペースでコンサート活動をし、アルバムを制作していく・・・このような歌手にもなれたと思う。何故そうならなかったのか・・・

この映像は「時間ですよ」からのもの。天地真理のキャリアのごく初期の頃のものだ。おそらく、「ひとりじゃないの」「虹をわたって」「恋する夏の日」というアイドル路線以前の天地真理・・・

まだフォークを歌っている。このドラマで人気に火がついて歌手デビューになったのだと思うけれど、このようなフォーク路線でそのまま売り出していたら・・・

でも、こうも思う。ギターを弾きながら、森山良子の歌を歌う天地真理、もうこれはアイドルとして売り出されてしまう運命だったのだ・・・と。

「この子はいける!」「この子は売れる!」・・・誰もがそう思ってしまったのだな・・・と。

kaz



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 昭和歌謡「公園の手品師」の日記

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

森山良子さん

映画「虹をわたって」の中で歌う「ママの子守唄」も森山良子さんのカバーです。
競作や洋楽カバーの競作も森山良子さんのオリジナルみたいなものですから、とても影響を受けていると思います。
なお動画の放送日は1973.7.4です。

FFFF #jCGu0ABI | URL | 2015/02/01 21:54 | edit

FFFFさま

天地真理は森山良子に傾倒していた・・・というのは聞いたことがあります。映画「虹をわたって」は観たことはないです。「ママの子守唄」という曲も知らないですねぇ・・・

ユーチューブで確認してみます。

kaz #- | URL | 2015/02/01 22:01 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top