ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

水色の恋 

 

以外と知られていないことかもしれないが、天地真理は国立音楽大学付属高校、付属中学の出身なのだ。ピアノ科から後に声楽科に変更しているが、もともとはクラシックの人だったのだ。

いわゆる母子家庭であったから、お母さんは大変だったのではないだろうか?「ピアノの先生になれば女一人でも暮らしていける」という想いがお母さんにはあったらしい。当時はピアノというものが一般大衆に馴染みのものになる直前の時期であったから、この考えは当たっていたと言えるだろうと思う。ピアノ教室を開けば、どんどん生徒が集まってくる時代・・・

でも天地真理はエスカレーターで大学には進学しなかった。やはり歌に惹かれていて、それもフォークに惹かれていたからだと思う。森山良子などのフォーク歌手に傾倒していて、在学中からフォークを歌ったりしていたらしい。ギターを抱えて・・・

歌手になりたい・・・

転身には相当に勇気が必要だったのではないだろうか?高校卒業後は歌のレッスンを続けながら、オーディションなども受け始めるようになる。

彼女はヤマハのポプコンを受ける。その時に「小さな私」という曲を知り、別のオーディション番組で、「小さな私」をアマチュア歌手として歌った。

ここでCBSソニーのディレクターの目にとまったのだ。プロダクションも渡辺プロダクションに内定する。

当時の渡辺プロダクションのディレクターは「ひと目見た瞬間の衝撃ったらなかった。えっ、なに・・・これ?というくらいに輝いていた。この子は絶対にいけると思った」と語っている。

レッスンを受けつつ、歌手デビューを待つ日々だったが、天地真理は、この時期にテレビ番組のオーディションを受けている。「時間ですよ」のオーディションだ。しかしながら彼女は最終選考で落ちてしまう。理由としては、役柄のお手伝いさん役には目立ちすぎるというか、可愛すぎるというか、そのようなものであったらしい。

「あの子は普通の子とは違う何かがある」と番組への出演を強く推薦したのが森光子だった。急遽、「2階のマリちゃん」という役柄が設定され、天地真理がテレビに登場することとなった。この時の彼女は、白いギターを抱えてフォークを歌っていた。

「あのギターを弾きながら歌っている子は誰?」
「レコードとかあるの?」

テレビ局に問い合わせが殺到・・・

歌手、天地真理のデビューが決まった。デビュー曲はアマチュア時代に歌っていた「小さな私」を使用。「水色の恋」というタイトルで発売されることになった。この時にフォーク色の強い「水色の恋」(小さな私)がデビュー曲に起用されたのは、おそらく「時間ですよ」の中でフォークを歌っていたイメージが強かったからなのではないかと僕は想像する。

10月という、新人賞レースには遅すぎる、ある意味では異例の時期のデビューは、「時間ですよ」で天地真理への予想以上の反響があったからなのではないだろうか?

デビュー曲の「水色の恋」はオリコンチャートで新人ながら3位という大ヒットとなった。また、デビュー曲を含んだ、フォーク曲中心のアルバムはオリコンチャート1位を獲得。

これまた予想以上の反響となった。

「この子はいける・・・」

アイドル歌手、天地真理が誕生した瞬間だ。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 昭和歌謡「公園の手品師」の日記

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top