ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

練習するほど退屈な音楽になる? 

 

先日、ピアノ仲間と話していて、興味深い話を聞いた。その人は音大を卒業しているわけではないのだけれど、ピアノは見事な腕前で、何人か生徒もいるらしい。その生徒の話。

クラシックの曲、たとえばリストの曲などを素敵に、そして達者に弾く生徒が、簡単なメロディー、「むすんでひらいて」とかそのような曲の伴奏がつけられないのだそうだ。これは考えてみれば(みなくても・・・だが)不思議な現象と思える。

楽譜というものを視覚的に捉え、読譜をしていき、そして音にしていく。困難な箇所は、ひたすら反復練習をしたりして整えていく。これはピアノ学習において基本の形なのだと思うけれど、でも「そのくり返しのみ」がピアノを習うということなのかは疑問だ。やはりどう考えても、難曲は弾けるのに、簡単な(こ洒落ていなくてもいいと思うが)即興演奏ができなかったり、簡単な唱歌程度の曲の伴奏も考えられないのはおかしな話だ。

ヤマハのグレード試験などで課せられる即興演奏、級が難しくなるとコードネームが記載されていない。そうなると、途端に難しくなる・・・というのが一般的な捉え方なのだそうだ。

なんでだろう?コードが書いてあったら、そのコードで弾くわけだから、コードを覚えなければならない。コードが書いていなければ、どのような響き(和音)で弾いても不正解ではないのだから、より簡単になると思うのだが・・・

音大のピアノ科を卒業しても、ショパンやラフマニノフは見事に弾けても、耳コピができなかったり、簡単な即興もできなかったりする人は多いのだそうだ。どうしてそうなってしまうのだろう?ここが不思議だ。

クラシック音楽が苦手と言う人は多い。彼らはクラシックの音楽は「とっつきにくい」と言う。

それは音楽、作品そのものがそうなのではなく、演奏に責任があるように僕には思える。なんとなく聴き手と演奏者との距離感というか、一生懸命に練習、研究したものを聴き手は「拝聴させて頂く」のような空気に溢れているような演奏が多いような気がしている。

大衆というものと、離れれば離れるほど、それは「高尚」というものになっていくという独特な空気感・・・

むろん、目的としてはクラシックの曲が好きならば、クラシックの曲を弾くのだから、別にコードを取得したからポップスを弾かなければいけないわけではない。でも、あまりに「即興的要素」という部分がクラシック音楽を演奏するための習得段階において欠けているようにも感じる。そしてそれが既存のクラシックの曲を演奏する場合にも、どこか欠点として現れてしまう・・・

とても達者に演奏できているのだが、聴いていて退屈・・・というような摩訶不思議な現象はクラシック(の演奏)において顕著なのでは?

この人は若いのに昭和の歌謡曲を弾いている。どのような経歴の人かは不明だけれど、音大のピアノ科を卒業しました・・・という弾き方ではないような気はする。

この人の演奏は、すべて「耳コピ」なのだそうだ。楽譜から音にしていったわけではない。楽譜すら存在しないのであろう・・・・

音大ピアノ科を卒業して、これができない・・・というのは、やはり不思議なことだと思うのだが・・・

kaz



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top